「まるで」シリーズ第二弾・「まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー」セブン-イレブンで発売

2014/02/24 17:20

セブンプレミアム まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバーセブン-イレブン・ジャパンは2014年2月24日、新食感のアイスバー「セブンプレミアム まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー」を同年3月5日から、全国の同社店舗で発売すると発表した。価格130円(税込)(【発表リリース:まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー」新発売】)。

↑ セブンプレミアム まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー
↑ セブンプレミアム まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー

セブン-イレブンでは2013年8月に、生のマンゴー特有の「口の中でとろけるようななめらかで、濃厚な食感」を楽しめるアイスバー「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」を発売している(現在は販売終了)。今回登場する「まるで白桃を冷凍したような食感のアイスバー」はそれに続く「まるで」シリーズ第二弾のアイスバーとなる。

「まるで白桃」は、独自の技術で実現した「生の白桃を冷凍したような、なめらかでかつ濃厚な食感」と「口に入れた瞬間に広がる華やかな香り」の双方を一つで楽しめるアイスバー。国産の白桃果汁に濃縮果汁を加えることで、白桃本来が持つ新鮮味あふれる味わい、そして華やかな香りを引き出すことに成功した。さらに白桃のピューレ(すり潰して裏ごしし、とろみのある半液体状にすること、またはしたもの)を織り込むことで風味をアップさせ、商品名通り「冷凍した白桃を食べているかのような味わい」を再現している。

パッケージデザインには左1/3ほどに鮮やかなピンク色をした桃の写真を配し、右1/3には商品そのもののシンプルなビジュアルを置き、桃の味わいを持つアイスバーであることをアピールしている。そして中央部には説明調に語りかけるような商品名をそのまま書き連ね、商品の内容をも解説してしまっている。

白桃を冷やしていただくことは良くあるが、冷凍して食べた経験を持つ人は少ないだろうから(果物を冷凍して食べる手法としてはバナナなどが良く知られているが……)、実際に「本物の白桃を凍らせた時の味わい」をイメージすることは難しい。白桃独特のコクのある甘味と、口に含むたびに鼻腔を刺激する新鮮味のある香りが、どこまで再現されているのか。シャクっと歯を立てて食べるたびに、桃の甘みとまろやかな甘さを覚えさせる香りがアイスバーで再現されているのか。桃系のスイーツを好む人には、一度はチェックをしてみたくなる商品に違いない。


■関連記事:
【年末年始のケーキのような味わい、話題のコールド・ストーンのカップアイスがセブン-イレブンで期間限定発売】
【セブンゴールド初のアイス「金のアイス 生チョコバー」発売開始】
【アレっぽいネ・セブンの濃厚生チョコアイス「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」発売】
【アレっぽいけど包みは生チョコ、そして中味もチョコアイス・セブンのリッチなチョコアイス「金のアイス 濃厚生チョコ<期間限定チョコ>」発売開始】
【抹茶もなかに塩バニラ、有名ブランドの人気作…セブン-イレブンのみの上質なアイス3品登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー