これはステキ、ファミマのサンドイッチの食パンがやわらかく・なめらかに・大きくなったゾ

2014/03/06 09:30

ファミリーマートのサンドイッチの食パンを刷新ファミリーマートは2014年3月4日、北海道・沖縄県を除く店舗で展開する同社のサンドイッチ用の食パンについて、同日から内容の刷新を行うと発表した。口当たりを改善し、しっとり感を増し、パンそのもののボリュームをアップしたのがポイント(【発表リリース:ファミリーマートのサンドイッチの食パンを刷新!! やわらかく・なめらかに・大きく】)。

↑ サンドイッチの食パン刷新をアピールする店頭販促物
↑ サンドイッチの食パン刷新をアピールする店頭販促物

ファミリーマートでは2011年秋に「サンドイッチプロジェクト」を立ち上げ、サンドイッチの材料や製法などを一から見直し、さらに利用客の満足度を向上させるよう、品質向上に取り組んできた。このプロジェクトの成果の一つとして2013年7月には「ファミマプレミアムサンド」の展開を開始。このシリーズは女性の利用客を中心に大いに好評を博している。

今回はその「ファミマプレミアムサンド」以外の通常版サンドイッチについても食パンに改善を施し、サンドイッチの美味しさを追求すると共に、その改善をアピールするため、みずみずしさ・新鮮味をイメージするパッケージに変更することとなった。

具体的な改善点は3点。1つは「やわらかさの訴求」。小麦粉の一部を熱湯でこね、これを生地に加える湯捏(ゆごね)製法で、小麦本来の持つ甘みと美味しさを引出し、しっとりとしたやわらかな食感の食パンに仕上げている。1つは「なめらかさの訴求」。湯捏製法で作ったしっとりとやわらかい食パンを、刃が円盤状の「丸刃スライサー」で1枚ずつカットすることにより、なめらかな口当たりを実現した。そして最後の1つは「大きさの訴求」。丸刃スライサーの使用で従来よりも5%ほど大きなサイズでのカットが可能となり、結果として食べごたえもアップすることとなった。

リニューアルしたパッケージの野菜ミックスサンドまた今回のリニューアルに合わせ、3月4日から10日までの期間限定で、FAMIMA CAFE全5種類などと対象商品となる各サンドイッチをセットで購入すると、30円引き(ファミマTカード会員は50円引き)となる値引きキャンペーンを実施する。美味しさを増したサンドイッチと、淹れたてのコーヒーを合わせ、軽食などとして購入し、新しいサンドイッチの味わいを楽しんで欲しいとの、提案型のキャンペーンである。

大手コンビニではレジカウンターで提供する淹れたてコーヒーの展開に伴い、コーヒーと相性の良い商品への注力が活発化している。ファミリーマートにおけるサンドイッチへの意気込みも、その一環といえる。今回プレミアム系ではなく一般のサンドイッチにまでアップデートを仕掛けることで、さらなる優位感をアピールしている感はある。

今回の刷新でどこまで味わいが底上げされることになるのか。日頃食している人には大いに気になるに違いない。


■関連記事:
【希少糖利用で90kcalのコーヒー飲料「希少糖入りソイラテ」ローソンから登場】
【女性にヒットで計画比3倍の販売実績・ファミマの「プレミアムサンド」全国展開へ】
【あまおうがたっぷりとサンドイッチで味わえる・「いちごサンド(あまおう苺使用)」ファミマのプレミアムサンドから発売】
【食パン、コロッケ、チョコレート…ファミマプレミアム拡大へ】
【新名称は「FAMIMA CAFE'」・ファミマのカウンターコーヒーリニューアル、120円のSサイズも登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー