シャッキリアイスの「爽」がリニューアル、新味「宇治抹茶」も登場

2014/03/07 16:40

爽 バニラロッテアイスは2014年3月7日、同社のラクトアイスシリーズ「爽」の「バニラ」について、品質とデザインの刷新を同年3月上旬から順次行うと発表した。価格・容量はこれまでと変わらず190ミリリットル入り126円(税込)。また同年3月10日から新しい味わい「宇治抹茶」を発売する。こちらも新デザインで登場し、価格は126円(税込)(【発表リリース:石臼挽きの本格的な宇治抹茶を使用したアイス「爽 宇治抹茶」など発売】)。

↑ 爽 バニラ 新デザイン
↑ 爽 バニラ 新デザイン

「爽」はロッテアイスの代表的なラクトアイスシリーズ。箱型の容器に収められたラクトアイスの中に微細氷が多数入っており、口にした時にラクトアイスのなめらかな甘さと氷のシャリシャリ感の二つの食感が一度に口の中に広がり、互いがアクセントとなって味わいを奥深いものとしていく。季節に合わせて、あるいは独自に多種多様な味覚の種類が登場し、そのパッケージの色合いと合わせ味覚も視覚も楽しませてくれる。

今回のリニューアルではアイス本体の品質とパッケージデザインの双方に手が加えられている。アイス部分は口に入れた時のさわやかな冷涼感と後味のすっきり感を向上。デザインはシャキッと爽やかなアイスであることを強調したビジュアルとなっている。

味わいはさすがにリリースの文面からのみではその実態は把握できないものの、ビジュアルはフタの上にある「爽」の文字を右から左に移し、これまで白抜き表示だったものを、背景色を白太線で包み込むような書き方に変更。さらに左上に花火のような閃光の演出を写し、右上には黄色地で赤と背景色で抜いた「シャキッと爽やか!」とのコピーを描き、商品の特徴を明確にアピールしている。また、側面の「爽」の文字もこれまではスタンプのような造形が描かれていたものが、シンプルに「爽」文字の文字だけとし、その上には会社名、下には味わいの種類を書き連ねている。

このリニューアルに合わせ「爽 宇治抹茶」の発売も決まっている。こちらは石臼挽きの本格的な宇治抹茶を使い、しっかりとした抹茶の風味と香り、スッキリとした後味が楽しめるというもの。デザインなどもリニューアル後のスタイルとなっている。

↑ 爽 宇治抹茶
↑ 爽 宇治抹茶

「爽」はその味わいとパッケージのおごそかさから、ちょっぴり上のグレードのアイスとして認知されており、高品質感、リッチ感を楽しみたい時には欠かせない一品。コンビニなどのアイスケースにずらりと並ぶその姿を見るだけで、何となく幸せな気分を覚えてしまうから不思議なもの。今回のリニューアルで味わい、特にシャリシャリ感を覚える舌触りはどのようなものになったのか、気がかりな人も多いに違いない。


■関連記事:
【ラクトアイス「爽」から「甘熟みかん&バニラ」が期間限定発売】
【これはオモシロ・ラクトアイス「爽」最新作はいちごとメロン、同時に食べるとスイカ味!? 】
【シャリシャリアイス「爽」の最新作は「和梨&洋梨」】
【シャリシャリ感の「爽」から「ヨーグルト味(温州みかん)」登場】
【ラクトアイス「爽」から「チョコマーブル」発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー