モスの朝食メニューが「おはよう朝モス」として全店舗で展開開始、午前7時からオープン

2014/03/08 09:00

モスの朝ライスバーガー 朝御膳ハンバーガーを中心とするファストフード店モスバーガーを展開するモスフードサービスは2014年2月26日、モスバーガー各店舗(一部除く)においてオープンから午前10時半までの朝限定メニューとして展開している「モスの朝ライスバーガー 朝御膳」に、「鮭」を同年4月1日から新たに発売すると発表した。価格は480円、ドリンクセットで600円。またこれに合わせてモスバーガー店舗全店(一部除く)を午前7時からのオープンとし、朝の時間帯専用メニュー「おはよう朝モス」を展開し、朝食時間帯の強化を推し図ることとなる(【発表リリース:モーニング強化でモスバーガー全店午前7時オープンに! 朝限定メニュー『モスの朝ライスバーガー朝御膳「鮭」』新発売 朝御膳やホットサンドなど朝限定の9品を全店で導入】)。

↑ モスの朝ライスバーガー朝御膳「鮭」
↑ モスの朝ライスバーガー朝御膳「鮭」

モスバーガーでは1990年代から朝食限定メニューの販売を試験的に実施、2009年10月には「モーニングセット」(ハンバーガー類にドリンクのセット)を全店で導入している。そして2013年2月には朝食メニューを大幅に刷新してより軽食感の高いホットサンド、さらには和食系の朝御膳などの朝食限定メニューを実証実験的に一部店舗で導入し、好評を博している。

今回モス側では朝食時間帯へのより一層の注力を図るため、一部店舗をのぞいた原則全店舗で午前7時のオープンを決定すると共に、実験的に導入していた朝専用メニューの販売を全国に拡充する。この時間帯(午前7時から午前10時半まで。24時間営業店舗は午前5時から午前10時半)では朝専用メニュー9品目、常時販売3品目の計12品目を「おはよう朝モス」として展開することになる。

↑ 「おはよう朝モス」のラインアップ
↑ 「おはよう朝モス」のラインアップ

今回の「おはよう朝モス」の展開に合わせ、「朝御膳」に「鮭」が新たに加わる。これは鮭定食をイメージしたもので、モスライスバーガーの具材に鮭を用意したもの。これで「朝御膳」は「鮭」「たまご 黄身醤油ソース」の2種類となる(それぞれ鮭定食、たまごかけご飯定食をイメージ)。

稼働率の向上や朝食の時間が取れない多忙な就業者の取り込み、さらには来店頻度の向上によるリピーター化を図り、外食産業では押し並べて朝食メニューの展開に力を注いでいる。中でもモスの属するハンバーガー系、吉野家などの牛丼御三家に代表される牛丼系が好例で、自社メニューを工夫する形で和風、軽食系の独自メニューを開発し、注目を集めている。

今回のモスによる「おはよう朝モス」の展開開始は、同社の特徴的なメニューの一つ「ライスバーガー」を巧みに使いこなし、和定食をイメージさせる「モスの朝ライスバーガー」をベースに据え、洋食系のライトメニューもホットサンドやモーニングプレートなど充実したラインアップを展開し、魅力あふれる環境を提供することになる。

今回の施策がモス自身はもちろん、同業他社にどのような影響を与えることになるのか。新メニュー「モスの朝ライスバーガー朝御膳「鮭」」の味わいと共に、注視していきたいところではある。


■関連記事:
【ホットサンドや朝麺、朝御膳…モスバーガー、朝食メニューを大幅刷新する実証実験を開始】
【モスから和のバーガー「さば味噌」「きんぴら」期間限定で登場】
【東京・神奈川のモスで毎日先着30名に日経新聞プレゼント】
【チキンと絡む3種類の味噌がミソ! モスから辛味噌チキンバーガー期間限定発売】
【吉野家の朝定食、販売時間を前後1時間延長して朝4時から11時に】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー