史上初・焼いてウマーなプリン味のキットカット「キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味」全国発売へ

2014/03/12 16:40

ネスレ日本は2014年3月12日、焼くことで新しい食感が楽しめる、キットカットシリーズとしては初となる「焼くこと」を推奨した新商品「キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味」を同年3月24日から全国で発売すると発表した。13枚入りで525円(5%税込)・540円(8%税込)。熱量は1枚あたり64Kcal。商品種類区分は準チョコレート(【発表リリース:世界初の焼きキットカット!「キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味」】)。

↑ キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味
↑ キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味

今回登場する「キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味」は80年近い歴史を持つ「キットカット」において世界初となる、焼くことを推奨した一品。約10年に渡りキットカットの開発に携わり、2014年1月には世界初となるキットカット専門店「キットカット ショコラトリー」(西武池袋本店地下1階)を全面監修の上でオープンした「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフ高木康政氏考案によるもの。氏は洋菓子とキットカットの組合せによる新しいメニュー開発の最中に、キットカットをオーブンで焼くと食感・味が変化し、新しい美味しさが楽しめることを発見。この調理法を商品化すべく研究を続け、今商品の発売に至った。

高木氏の説明によれば、オーブントースターで一気に過熱することにより、表面が溶けて形が崩れる以上のスピードで、チョコレートに含まれる砂糖が堅い飴状になる。そしてその状態から冷やすことで、キャラメル化したようにこんがりと香ばしく、キットカット内部のウエハースとの食感の妙により、クッキーのような食べごたえを楽しめるとのこと(既存のキットカットにはこの通りにいかない場合もあるため、「焼きキットカット」推奨の商品には「焼いておいしい」ロゴをデザインしている)。

焼き方「キットカット ミニ 焼いておいしい プリン味」ではプリン香味料とキャラメルパウダーを用いることで、「焼きキットカット」のスタイルで加熱することにより、焼きプリンのような味わいを楽しめることになる。パッケージは通常のキットカットのデザインを基本的に踏襲しているものの、オーブントースターを模した「焼いておいしい」のロゴを大きく配し、さらに右1/3ほどには納められている商品の写真と、それを「焼きキットカット」にした状態の完成図が描かれている。そのビジュアルからは意外性と香ばしさすら覚えさせ、絶大な訴求力をかもしている。なお裏面には「焼きキットカット」の作り方(普通のオーブントースターで天板の上にアルミホイルを敷いて並べ、焼き具合を常時観察しながら焼いていく)が詳しく説明されている。

気になる「焼きキットカット」の味わいそののだが、「キットカット ショコラトリー」で先行発売の形で「キットカット ショコラトリースペシャル クリームチーズ味」を焼いた上で販売したところ、開店から1時間足らずで完売するほどの反響があったとのこと。

今件はいわば「提案型」の新商品となるわけだが、パッケージの写真を見ているだけで、その香ばしさが伝わってきそうで、提案内容は大成功のように思えてならない。焼きプリンの美味しさをキットカットで味わえるとなると、どのような味覚が口の中で広がるのだろうか。キットカット好きな人、焼き菓子を好む人、そしてプリンを愛する人に、是非一度はチェックして欲しい一品に違いない。


■関連記事:
【ポチ袋付き「おとし玉キットカット」郵便局で11月1日から発売】
【今年は縁起を担ぐ「キットカットだるま」入り・キットメール12月4日発売】
【しょうゆ+チョコ……!? キットカットのしょうゆ風味、東京限定で販売】
【東北・三陸鉄道の復興支援ができる『ネスレ キットカット ミニ ワールドバラエティ』発売】
【モスバーガー限定・濃厚なホワイトチョコのキットカット発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー