パスタの旨味を引きたてる、素材を活かしたパスタソース4種が無印良品から発売

2014/03/13 12:30

素材を生かしたパスタソースシリーズ ボロネーゼ良品計画は2014年3月12日、同社が企画・開発する無印良品において、パスタ用ソースシリーズ「素材を生かしたパスタソースシリーズ」4品目「蟹のトマトクリーム」「ボロネーゼ」「ジェノベーゼ」「アラビアータ」と、デュラム小麦粉を100%使用したパスタ「スパゲッティ(1.7ミリ、300グラム)」を同日から発売すると発表した。価格はソース各種が280円、パスタが250円(いずれも税込)(【発表リリース:無印良品 素材を生かしたパスタソースシリーズ発売のお知らせ】)。

↑ 蟹のトマトクリーム
↑ 蟹のトマトクリーム

↑ ジェノベーゼ
↑ ジェノベーゼ

無印良品ではすでにカレー各種でレトルトシリーズを展開しているが、今回パスタを美味しく食べるためのソースとして「素材を生かしたパスタソース」シリーズが加わることとなった。これは「パスタソースはパスタと共に味わうもので、ソースの味だけを際立たせるものではない」とする考え方のものと開発されたもので、肉や野菜などの素材の味をシンプルに追求し、パスタの味を覆い尽くすことなく麺(小麦)の旨味も引き出すことを目標に創り上げられた。つまりソースそのものの味わいは十分に優れたものを持ちながら、決してそれ単独での自己主張に終わることなく、パスタとの調和を前提に味を調えられていることになる。

登場するソースの種類は全部で4種。「蟹のトマトクリーム」は国産紅ズワイガニの旨みと野菜の甘みを生かし、生クリームを加えて仕上げている。「ボロネーゼ」(ミートソース)は牛肉の甘みと豚肉の旨みを生かし、トマトや炒め玉ねぎを加えて風味豊かに仕立てている。「ジェノベーゼ」は兵庫県産のバジルの風味を生かし、チーズや松の実などのコクを加えて味を調えた一品。そして「アラビアータ」はトマトをベースに、生ソーセージの旨みと唐辛子のすっきりした辛みを加え、アクセントのある味わいに整えている。

同時に発売されるパスタ「デュラム小麦100%使用 スパゲッティ 1.7mm 300g」はデュラム小麦の中心に近い部分を使い日本国内の工場で作り上げられた一品。雑味が無く弾力のある食感と小麦の旨味を楽しめる。

蟹のトマトクリーム比較的簡単な調理で出来上がるパスタだが、ソースのチョイス次第で味は大きく変化する。個々のソースの味の仕立て方は当然のこと、パスタとの相性によるところも大きい。今件ソース達はパスタとの調和をじっくりと考慮した上で開発されたとあり、どこまでパスタそのものの魅力を引きたてながら、ソース自身の旨味をアピールしつつ、口の中で一体化するのかが気になるところ。

味の種類も全部で4タイプ用意されており、色々な好みに合わせて選ぶことが出来る。オーソドックスな「ボロネーゼ」が無難か、アクセントのある味を楽しめる「アラビアータ」にするか、それともまろやかな甘みの「蟹のトマトクリーム」にするか、はたまた風味も楽しめそうな「ジェノベーゼ」にするか。ラインアップを目の前に、悩んでしまいそうである。


■関連記事:
【「麦粉」「和三盆」を用いた古くて新しいお菓子たち、無印良品から登場】
【なつかしウマしな玉ねぎカレー・無印良品から「アメ色玉ねぎカレー」など登場】
【縁起物入りの無印良品の福缶、今正月も発売…今年はちょっと地域を西に変更】
【無印良品から「和風だしで食べるラーメン」登場】
【朝食やオヤツ向け…無印良品からシリアル利用のお菓子登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー