商品名は「いもんちゅ」・沖縄県限定、宮古島産の「ちゅら恋紅」入りの紅芋スナック「芋人」が江崎グリコから発売

2014/03/14 09:30

芋人江崎グリコは2014年3月13日、沖縄県宮古島産の「ちゅら恋紅」を練り込んだ新作沖縄土産菓子「芋人(いもんちゅ)」を同年3月18日から沖縄県限定で発売すると発表した。価格はオープン価格。内容量は150グラム(25グラム×6袋)(【発表リリース:沖縄土産に紅芋スナック新登場!「芋人」(いもんちゅ)】)。

↑ 芋人パッケージ
↑ 芋人パッケージ

江崎グリコでは沖縄の土産菓子市場において、紅芋を使ったタルトや揚げドーナッツなど、おなじみのお土産がラインアップされている一方で、定番土産菓子にスナック菓子が存在していないことに着目。そこで沖縄の食材として定着している「紅芋」を生換算で11%使用した今件新スナックを投入することで、観光客などの沖縄土産菓子における選択肢を増やす提案を行う。

芋人「芋人(いもんちゅ)」はまるで紅芋をギュッと固めて焼き上げたような、カリカリ食感を楽しめる紅芋スナック。同社がつちかった焼き菓子の焼成技術を使い、口どけが良く、口に含んでかんだ瞬間から素材の旨みが口の中にじわりと広がるおいしさを実現した。

パッケージは紫芋を想起させるようなやや淡めの紫色をベースに、商品そのものを無数散りばめて興味関心を誘うようなビジュアルと成すのと共に、商品名の「芋人」そのものを芋に見立てて大きく描き、遊び心でアクセントを加えている。

パッケージの鮮やかさや紫芋の甘みを楽しめるのは、とても興味深く、ころころさくさくとした食感は大いに楽しめそう。商品開発の動機も合わせ、沖縄限定商品となるのが非常に惜しい一品。江崎グリコでは多種多様な商品を地域限定品として展開しているが、どれもが皆地域の特産品を題材にしており、鮮やかさ・艶やかさを覚えさせるものばかり(愛知県・三重県・岐阜県限定の「ジャイアントプリッツ なにわ名物たこ焼味」というのもあるそうな)。たまにはこれら特産品的な地域限定アイテムを、その地域以外でも食する機会を設けてほしいものだ。


■関連記事:
【ローソンから「モカ」「芋三昧」2種類のプレミアムロールケーキ登場】
【秋を楽しむデザート「苺ムースケーキ」「紫芋のモンブラン」、モスから期間限定発売】
【第一弾は抹茶・紫いも・さくら…和風パフェアイスシリーズ、ファミリーマートから登場】
【2つの味が楽しめるとな? 4種の高級アイス「ウチカフェKiSSシリーズ」ローソンから登場】
【ドーナツの形をしたパイ・「リングパイ」サークルKサンクスから登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー