ハンバーガーやチーズバーガーは逆に値下げ、他商品は1円単位で税率にそのまま対応…マクドナルドの消費税対応価格発表

2014/03/19 20:30

日本マクドナルドは2014年3月19日、同年4月1日からの同社店舗における、消費税率改定に対する商品価格の対応を発表した。「ハンバーガー」は税込100円(現行120円)、チーズバーガーは税込で133円(現行150円)となる。また¥100マックは税込100円、¥200コンビ(朝マック)は税込200円を継続する。それ以外は基本的に「税抜価格」はこれまで通り変わらず、税込価格において税率変更を反映させる。このため税込価格は1円単位での価格となる。また店舗での価格表示は利用客の利便性を重視し、税込の総額表示を継続する(【発表リリース:消費税率引き上げに伴う対応につきまして】)。

かねてからお伝えしている通り、2014年4月1日から消費税率が現行の5%に3%加算され8%に改定される。これを受けて各外食産業でも税率改定後の自社商品価格について、各種発表を行っている。今回マクドナルドでは税率改定にあわせ、4月1日の午前5時から、下記の一部商品をのぞき原則「現行の税抜価格に新税率を加算した額を販売価格(税込価格)」とすると決定した。

↑ 税率改定に伴う特例の価格商品一覧
↑ 税率改定に伴う特例の価格商品一覧

例えば先日発売を開始した「マックシェイク ヨーグルト味」のSサイズは現行で税込価格は120円なので、4月1日以降は120÷1.05×1.08=123円となる。なお消費税の計算は1領収書(1レシート)単位毎に、「レシートの合計金額」から算出する。そして計算結果として円未満の端数が生じた場合は、円未満を切り捨てる。今事例の場合、「マックシェイク ヨーグルト味」1つなら税抜価格は114.3円なので税込価格は123.4円となり、端数切捨てで123円。3つまとめて購入した場合、税抜価格は342.9円なので税込価格は370.3円だが370円となる(以上、単純概算による試算)。

冒頭にある通り、今回の価格改定では多くの商品が税率改定分をストレートに反映させた一方、廉価商品としてマクドナルドの顔的存在であるハンバーガーとチーズバーガーを実売価格(税込価格)において逆に値下げし、¥100マック商品と¥200マックは実売価格を据え置く(税抜価格の観点では値下げ)という、廉価商品の集客力にウェイトを置いた戦略による価格設定を実施している。

4月1日以降は支払、あるいは釣銭受け取りの際に1円玉や5円玉の必要性が生じるため、レジにおけるやり取りがやや煩雑になる可能性がある(電子マネーの類を使えばその心配は要らないが)。また同業他社では先日モスバーガーが税率改定後の価格設定を発表したが、そちらではお客の利便性を考慮し10円単位での値上げとする一方、やはりハンバーガーやコーラSのような廉価メニューは税込価格の据え置きを発表している。

今回の価格改定から、4月以降のマクドナルドにおける戦略が垣間見れた感はあるが、果たしてその戦略によるかじ取り通りに売り上げ、客数などの営業成績が計上されるか否か。同業他社の動きと合わせ、注目していきたいところだ。


■関連記事:
【10円から20円引上げ、据え置きも…モス、4月1日から消費税率変更に合わせて価格改定】
【メビウスは20円プラス…日本たばこ産業、消費税率アップで4月1日からたばこ値上げへ】
【日本雑誌協会など、「消費税率変更に伴うお願い」ポスターを公開、頒布】
【松屋の牛めし並盛プラス10円で290円に・4月1日からの料金改定内容発表】
【吉野家、牛丼並盛を4月1日から20円値上げで300円に・牛すき鍋膳などは10円上げに】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー