不二家はメッセージ付き、ロッテは巨大化・いつものチョコをひと味変えて母の日チョコレートとして展開

2014/04/02 07:00

母の日ハートチョコレート/おおきなガーナミルク不二家は2014年4月1日、同社の「ハートチョコレート(ピーナツ)」の母の日向け限定版「母の日ハートチョコレート」を同年4月15日から発売すると発表した。87円(税込)。パッケージにリボンのビジュアルやカーネーションなどが追加され、母の日仕様となっている。またロッテも同日、同社の板チョコ「ガーナミルクチョコレート」の母の日向け商品として「おおきなガーナミルク」を同年4月15日から発売すると発表した。価格はオープン価格(想定小売価格800円前後)(【発表リリース:感謝の気持ちを贈りましょう♪「母の日ハートチョコレート(ピーナッツ)」「ミルキー(ありがとうパック)」「生ミルキー(ありがとうパック)」2014年4月15日(火)発売!】)。

↑ 母の日ハートチョコレート
↑ 母の日ハートチョコレート

「ハートチョコレート」は不二家定番のチョコレート。アメリカ産のランナー種ピーナッツをガッツリと詰め込み、ハートの形を成しており、刻み文字で「スイートハート」と描き愛らしさをかもすチョコレートとして、高い知名度、定番チョコとしての地位を有している。今商品はハート型の造形を活用する形で、特に母の日の贈り物として用いるよう、通常はリボンなし、あるいはピンクのリボンを模しているパッケージビジュアルの部分に、鮮やかな緑のリボンを配している。さらに下部には「おかあさんありがとう!」のメッセージと赤いカーネーションを描き、贈り手側の気持ちを表現している。

一方ロッテから発売される「おおきなガーナミルク」も、通常のチョコレートを母の日向けにアレンジしたもの。

↑ おおきなガーナミルク
↑ おおきなガーナミルク

母の日の贈り物向け仕様として、従来は55グラムの「ガーナミルクチョコレート」に対し、約5倍の270グラムというビッグなサイズでの展開。さらにパッケージの左上・右下にはリボンをデザインしてギフト感を演出させ、裏面には贈り手側が好きなメッセージを書き連ねることができる欄を設けている。

「ハートチョコレート」はサイズも価格もお手頃なことから、子供が手軽に母の日のプレゼントとして贈るのに適したものとなる。一方「おおきなガーナミルク」は見た目もチョコレートの分量そのものもサプライズを有するだけのものがあることから、ちょっとした驚きを演出したい時にうってつけの選択肢となることだろう。また「おおきな」は母の日に限らず、イベントアイテムとしても活用できるに違いない。


■関連記事:
【チョコレート好きには究極の一品、「チョコレート噴水」ことチョコレート・フォンデュ・ファウンテンで永久機関的にチョコな一日を】
【誕生日、母の日、クリスマス…イベントでの贈り物率、通販利用率を探る】
【贈りものをする機会は「誕生日」「母の日」の順、それではどこで買う?!】
【デパートからあの方法に・「母の日のプレゼント」に見るプレゼント購入先の移り変わり】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー