ファミマ名物チロルチョコパン、今年は基本の「コーヒーヌガー味」「ホワイト&クッキー味」

2014/04/03 07:00

チロルチョコパンファミリーマートは2014年4月2日、チロルチョコ株式会社が発売するミニタイプのチョコレート「チロルチョコ」との共同開発企画商品となる「チロルチョコパン コーヒーヌガー」「チロルチョコパン ホワイト&クッキー」の計2品目を同年4月8日から全国同社店舗(北海道除く)で発売すると発表した。価格は双方とも120円(税込)(【発表リリース:お馴染の“チロルチョコ”がパンになって登場! ロングセラーの「コーヒーヌガー味」と人気の「ホワイト&クッキー味」】)。

↑ 「チロルチョコパン コーヒーヌガー」と「チロルチョコパン ホワイト&クッキー」
↑ 「チロルチョコパン コーヒーヌガー」と「チロルチョコパン ホワイト&クッキー」

チロルチョコは数センチ四方のミニサイズのチョコレート菓子。そのお手頃な大きさと価格、さらには多種多様な味わいの提供、趣向を凝らしたパッケージデザインによる展開で、コンビニやスーパー、駄菓子屋などでは欠かせないアイテムとして知られている。ファミリーマートではこのチロルチョコとの共同開発企画商品として「チロルチョコパン」を2006年3月に発売以来、定期的に色々なチロルチョコを模したパンを発売し、パンコーナーを彩り、人気を博している。

今回登場するのは「コーヒーヌガー味」と「ホワイト&クッキー味」の2品目。「コーヒーヌガー味」はキャラメルクリームを包んで焼き上げたふかふかのパンに、コーヒーチョコクリームを具材として折り込み、チロルチョコ コーヒーヌガーの味わいをイメージした。見た目も大型化したコーヒーヌガー味のチロルチョコらしさを見せ、パッケージもそのまま巨大化したような雰囲気。また右下には断面図と共に、パン内外の味わいを解説している。

「ホワイト&クッキー味」はやはりベーシックなチロルチョコ ホワイト&クッキーをイメージしたもの。チョコクッキー入りのホワイトチョコクリームを包んだパンにホイップクリームを入れ、それらしさを再現している。パンそのものの見た目も、パッケージも雰囲気をかもしており、パッケージデザイン右下の断面図・パンそのものの味わいの解説は「コーヒーヌガー」と同じ仕組み。

ファミリーマート発のチロルチョコパンは、通常定番タイプ2つと少々変わったスタイルの種類1つの計3種類での展開となる。今回はそのうち後者が無く、定番タイプ2つのみでの発売となり、雰囲気としては少々寂しい感は否めない。前回の味わいがそのまま踏襲されているのか、そのまま口にしても、トースターなどで少々加熱して中のクリームなどがとろりととろけ、パン生地がふかふかほかほかとなった状態でいただいても、独特の旨味を楽しめるのか。チロルチョコパンファンはもちろん、菓子パン全般が好みの人には、その外観も合わせ要注目なラインアップに違いない。


■関連記事:
【ファミマ×グリコ×チロルの3社コラボ実現・ビスコなチロルとチロルなビスコ、ファミマで限定発売】
【パンの次はドリンクで登場! 「チロルチョコドリンク」10月1日から発売】
【ファミマ名物チロルチョコパン、今度はストロベリーも登場】
【チロルチョコパン(ミルクチョコ/きなこもち/ストロベリー)】
【ファミマ名物チロルチョコパン、今回は定番「ホワイト&クッキー」「ミルク」「きなこもち」の3種類】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー