これはオシャレなフルコース!? 前菜・メイン・デザートを盛り込んだサンドイッチ「フルコースサンド」、ローソンから登場

2014/04/08 07:00

フルコースサンド(彩り野菜のマリネ・ローストビーフ・ブルーベリー&クリームチーズ)ローソンは2014年4月7日、1パッケージで前菜、メイン、デザートを楽しめるサンドイッチ「フルコースサンド(彩り野菜のマリネ・ローストビーフ・ブルーベリー&クリームチーズ)」を同年4月8日から同社店舗(ローソンマート、ローソンストア100除く)で発売すると発表した。価格は389円(税込)(【発表リリース:サンドイッチで前菜・メイン・デザートを1度に楽しめる2014年4月8日(火)から全国のローソンで「フルコースサンド」シリーズ発売】)。

↑ フルコースサンド(彩り野菜のマリネ・ローストビーフ・ブルーベリー&クリームチーズ)(コーヒーは別売り)
↑ フルコースサンド(彩り野菜のマリネ・ローストビーフ・ブルーベリー&クリームチーズ)(コーヒーは別売り)

今回登場する「フルコースサンド」は、名前の通りフルコースの素材をはさんだサンドイッチのセット。自分への「ご褒美」をコンセプトに、そして「良いものを少しずつ食べたい」という需要に応えるべく、お昼などに時間をかけて食するフルコースをイメージしている。

フルコースサンド(彩り野菜のマリネ・ローストビーフ・ブルーベリー&クリームチーズ)パッケージ内包されている具材は次の通り。前菜は「彩り野菜のマリネ」として、にんじんと玉ねぎのマリネとリーフレタスに柑橘(かんきつ)ジュレソースを和えて仕立てている。メインは「ローストビーフ」で、ローストビーフににんにくの効いたしょう油だれをかけて、トマトと素揚げしたじゃが芋を一緒にはさみ込んでいる。そしてデザートは「ブルーベリー&クリームチーズ」。酸味のあるクリームチーズにブルーベリージャムを合わせている。これらは今後気温が上がり、すっきりとした酸味のあるものへの需要が高まる時期に合わせた味わいの組合せとなっている。

パッケージにはテーブルクロスをかけたような場の中央に配された、周囲に野菜などを盛り合わせたお皿をイメージしており、そのお皿の部分が透明処理され、サンドイッチの中身の具材が見える仕組みが施されている。具材をそのままパッケージデザインとして採用することで、お皿に盛り込まれたフルコースの具材をアピールしている次第である。また配色も落ち着いた茶色をベースとしており、優雅さを思い起こさせる。さらに展開ブランドは同社のコーヒーをベースとした「MACHI Cafe」であり、コーヒーと共にたしなむことを推奨している。

セットメニューの内容を具材に用い、1つのパッケージで料理一組が楽しめるという発想は興味をそそるものがある。統一感がとれているし、何より「フルコース」という名前と実態が、リッチ感を言葉通り味あわせてくれる。リリースによれば今後も季節に合わせた「フルコースサンド」を展開するとの話で、多種多様なセットメニューがサンドイッチ化されることが予想される。どのようなメニューにスポットライトがあてられ、いかなる切り口でサンドイッチ化されるのか。工夫の仕方も合わせ、注目したいシリーズの展開開始といえよう。


■関連記事:
【福岡県産「あまおう苺」を使ったロールケーキとサンドイッチ、ローソンから数量限定発売】
【サンドイッチやおにぎり類、そしてコーヒー…コンビニスイーツ購入時に一緒に買うものは?】
【これはステキ、ファミマのサンドイッチの食パンがやわらかく・なめらかに・大きくなったゾ】
【あまおうがたっぷりとサンドイッチで味わえる・「いちごサンド(あまおう苺使用)」ファミマのプレミアムサンドから発売】
【ナチュラルローソンからコラーゲンたっぷりなサンドイッチなど登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー