早いねあっという間にミリオン達成…ミスド版クロナッツこと「ミスタークロワッサンドーナツ」、一週間足らずで販売数100万個突破

2014/04/08 15:30

ミスタークロワッサンドーナツダスキンは2014年4月8日、同社が運営するドーナツを中心とした軽食チェーン店ミスタードーナツにおいて、同年4月1日から発売を開始した新商品「Mr.CroissantDonut(ミスタークロワッサンドーナツ)」3品目について、3種の累計販売個数が4月6日に100万個を突破したと発表した。発売開始から6日での大台突破となる(【発表リリース:4月6日(日)「Mr.CroissantDonut」累計販売数100万個を突破!】)。

↑ ミスタークロワッサンドーナツ
↑ ミスタークロワッサンドーナツ

今回累計販売総数が大台を突破した「Mr.CroissantDonut(ミスタークロワッサンドーナツ)」は、クロワッサン生地を揚げた後にオーブンで焼き上げる、ミスタードーナツならではの工程を採用し、クロワッサン部分のサクサク感をよりしっかりとしたものとなるように追求した新タイプのドーナツ。クロワッサン生地に同社がこだわりを持つホイップクリームをはさみ、チョコレートやアーモンド、メープル風味のコーティングなどで飾り付けることにより、高級感を上乗せした品々に仕立てている。

元々クロワッサン生地をベースにしたドーナツはアメリカで以前から発売されていたが、昨年夏にニューヨークで「クロナッツ」が慈善キャンペーンに用いられてから注目を集めるようになり、今年に入ってから日本でも同じコンセプトの、あるいは応用型のドーナツが続々と登場するようになった。ミスタードーナツでも「ミスタークロワッサンドーナツ」という名前で(元々同社のドーナツは「ミスタードーナツ」なので、そのドーナツ部分の生地がクロワッサンであることから、名前の真ん中に「クロワッサン」をはさんだようだ)3品目を4月1日から発売し、大いに人気を博している。

今回の発表によれば6日間で100万個を突破したとのことで、1日平均16万7000個、店舗数は直近四半期短信によれば1365店舗であることから、単純計算になるが1店舗あたり1日120個あまりが売れたことになる。

ミスド版クロナッツこと「ミスタークロワッサンドーナツ」は生地のクロワッサン部分がどちらかといえばパイ生地のそれに近く、またクリームやホイップの量と生地とのバランスが絶妙で、これだけの好セールスを挙げるのも納得のいく味わいを有している。発売終了は6月下旬予定なので、食する機会を逃さないよう、十分に注意してほしい。


■関連記事:
【Mr.CroissantDonut(ミスタークロワッサンドーナツ)(ミスタードーナツ)試食】
【さくさく食感が話題のクロワッサンドーナツ、ミスドで期間限定発売】
【話題のクロワッサンドーナツ「クロナッツ」が「キュービックドーナツ」となってサークルKサンクスに登場】
【ドーナツとクロナッツ(Cronuts)とドサンツ(Dossants)と】
【ドーワッツ(山崎製パン)チョコ&クランチ・キャラメル&アーモンド試食】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー