水ようかんも凍らせて食べる時代へ・「凍らせて食べるフルじぇら水ようかん」登場

2014/04/11 09:30

凍らせて食べるフルじぇら水ようかんブルボンは2014年4月10日、凍らせて食べるスタイルのジェラート風食感デザート「フルじぇら」シリーズの新作として、和風の味わい「凍らせて食べるフルじぇら水ようかん」を同年4月15日から発売すると発表した。価格はオープンプライス。内容量105グラム。また「フルじぇら」6種類も同日から再発売する(【発表リリース:「凍らせて食べるフルじぇら」シリーズに和風じぇらーと“凍らせて食べる水ようかん”新発売!!】)。

↑ 凍らせて食べるフルじぇら水ようかん
↑ 凍らせて食べるフルじぇら水ようかん

「フルじぇら」はゼリータイプのカップ入りデザート。そのまま冷やしてゼリーとして食するだけでなく、凍らせてジェラート感覚で食することも前提として作られており、2タイプの冷たさ・食感を楽しむことができる。ゼリー系食品は凍らせるとガチガチな氷状となってしまうことがあるが、今商品は凍らせてもやわらかく、なめらかな食感で楽しめるのが特徴。夏季を中心に限定発売されている。

今回登場する「凍らせて食べるフルじぇら水ようかん」は、その「フルじぇら」の新しいスタイルの新商品。ゼリーでは無く水ようかんにスポットライトをあてて、北海道産の小豆でつくった餡を用いている。他のシリーズ商品同様に透明な容器の上にフタが配されているが、既存の「フルじぇら」商品のロゴは踏襲されているものの、和風を強調すべく縦書きがなされており、さらに商品名のメインとなる「水ようかん」を和を思わせる字体で書き連ね、一般の水ようかん系商品と同じような印象を覚えさせるビジュアルとしている。

また同時に今年版の「フルじぇら」シリーズ6品目「グレープ」「オレンジ」「ピーチ」「グレープフルーツ」「マンゴー」「いちごヨーグルト味」も、「水ようかん」と同日から発売を開始する(価格、容量なども同じ)。

↑ 再発売されるフルじぇら
↑ 再発売されるフルじぇら

これから暑くなる時期に水ようかんのつるりんとしたのど越しにはたまらない魅力を覚えるものだが、今件「凍らせて食べるフルじぇら水ようかん」ではその味わいに加え、凍らせた上でシャリシャリとしたジェラートとしてもその冷涼感を楽しめるとのこと。「新感覚の和風スイーツ」との説明があるが、確かに水ようかんを冷凍するという発想はなかなか思いつきにくい。ゼリーのような食感とはまた別の、シャリっとした歯触りと口の中で溶ける冷たさと甘味の組合せが、和の味わいでどのような調和を成していくのか。「フルじぇら」ファンならずとも要チェックな一品ではある。


■関連記事:
【「麦粉」「和三盆」を用いた古くて新しいお菓子たち、無印良品から登場】
【防災備蓄用羊羹「えいようかん」は賞味期限5年半】
【栗色生地がステキ・栗ようかんをイメージした中華まん「栗あんまん」ミニストップから登場】
【大容量で低カロリーな「水ようかん こしあん」「水ようかん白あん」、森永乳業から発売】
【宇宙でも「ようかん」は「良う噛んで」? 宇宙日本食「YOHKAN」発売中】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー