ポリンキー×くまモンの共演実現・熊本県産トマト使用の「ポリンキー トマトナポリタン味」登場

2014/04/16 12:25

ポリンキー トマトナポリタン味フレンテは2014年4月16日、同社の事業会社である湖池屋から定番スナック菓子シリーズ「ポリンキー」の最新作として、熊本県のPRキャラクター「くまモン」との共同開発企画商品「ポリンキー トマトナポリタン味」を同年5月5日から発売すると発表した。価格はオープン価格。内容量60グラム(【発表リリース:ポリンキー×くまモンの共演 「ポリンキー トマトナポリタン味」熊本県産トマトを使用したなつかしい味わい】)。

↑ ポリンキー トマトナポリタン味
↑ ポリンキー トマトナポリタン味

「ポリンキー」はとうもろこしの自然な甘みと風味を楽しめる、あっさりとした優しい味わいに仕上げたスナック菓子。網状の穴が開いた三角形の造形が特徴で、テレビCMなどでは「なぜ三角形をしているのか」についての謎かけが行われ、多くの人が商品名を記憶に留めていることでも有名。

くまもとの赤今回登場する新商品は、熊本県のPRキャラクターで多種多様な商品とのコラボを実現している「くまモン」との組み合わせ。熊本県産の食材の一つとして「くまもとの赤」(熊本の職方面での名産品には赤系統のものが多く、それらをまとめて「くまもとの赤」とし、広報活動を行っている。トマト以外にすいか、にんじん、さつまいも、いちご、和牛などが知られている)の素材の一つであるトマトを使い(具体的にはトマトピューレパウダーに、熊本県産のトマトピューレを100%使用している)、子供から大人まで食べやすいナポリタン味に仕立てている。

パッケージは味わいの素となるトマトをイメージさせる、そして「くまもとの赤」をも思わせる真紅の赤をベースとし、くまモンとスリーポリンキーズ(ポリンキーのイメージキャラクター)が共演するイラストと商品画像が描かれている。大きなポリンキー(実写真付き)を背景としてくまモンが前面に展開して主役張りのアピールをし、周囲にはポリンキーたちが背景画的に描かれる一方、くまモンが走りこんでいるような姿で複数配されている。また、味の素となったナポリタンとトマトそのものも描かれ、味を想起させる。またパッケージ裏面には熊本の観光情報をクイズにした「くまもとのヒミツ」を6種類準備し、熊本県を大々的にプロモートする仕組みも用意される。

商品名が大きく書かれていることなども合わせ、確かにポリンキーには違いないのだが、ぱっと見のビジュアルはくまモンが大きく目立つ形に位置していることから、最初にくまモンそのものに目が行ってしまうという、トリッキーなデザインなのがポイント。背景色でもあり味わいをも意味する赤と、くまモンの黒とはよく合う色の組合せなであり、非常にバランスの取れた色合いとして完成され、訴求力のある見た目となっている。

なつかしいナポリタンの味わいということだが、ポリンキーでその味がどのように再現されているのか。「くまもとの赤」の実力を知る意味も合わせ、興味関心が沸くところではある。


■関連記事:
【くまモンの「はるさめスープ」に「ラーメン」も、合わせて登場・熊本だモン!】
【くまモンがモスに進出・くまモン袋に入った熊本県産トマト使用のソース付きチップス期間限定発売】
【くまモンで首元ひんやり・「どこでもアイスノン 冷水スカーフ くまモン」数量限定発売】
【リカちゃんがくまモン隊に仲間入り・「くまモン×リカちゃん」発売へ】
【前年は1週間でほぼ完売のくまモンポッキー再登場・今度はアイスもあるヨ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー