今年も登場、ドカンと辛い30倍「ビーフカレーLEE 辛さ×30倍」など発売

2014/04/18 07:30

ビーフカレーLEE 辛さ×30倍江崎グリコは2014年4月16日、同社のレトルト食品ブランドの一つ「ビーフカレーLEE」の期間限定発売品として「ビーフカレーLEE 辛さ×30倍」を同年5月13日から発売すると発表した。価格280円(税別)。15倍の辛さを増強する「辛さ増強ソース」付き。公益財団法人日本サッカー協会公認。また同時期にレトルトどんぶりの素「DONBURI亭」シリーズの限定発売品「DONBURI亭<牛カルビ丼>」を発売する。価格は276円(税別)(【発表リリース:ビーフカレー LEE辛さ×30倍・DONBURI亭<牛カルビ丼>2014年5月13日(火)から全国で新発売】)。

↑ ビーフカレーLEE 辛さ×30倍とDONBURI亭<牛カルビ丼>
↑ ビーフカレーLEE 辛さ×30倍とDONBURI亭<牛カルビ丼>

「ビーフカレーLEE」は辛さが特徴のレトルトビーフカレー。現在では通年販売品として辛さ10倍・辛さ20倍の2タイプが発売されている。キャッチコピーの「カライ、カライ、カライ、うまい」にある通り、びりりとしびれるほどの辛さを汗だくになって堪能しながらコクを楽しめるのがポイント。ここ数年は夏季限定品として、さらに辛さを底上げした30倍の辛さ、そして好みに合わせて辛さを15倍分上乗せできる「辛さ増強ソース」を添付した商品「辛さ30倍」を発売するのが常となっている。今回商品も例年に違わず、その超絶な辛さの限定品が登場することとなる。

今回の「辛さ30倍」では高温で深煎りした焙煎唐辛子、そして焙煎黒胡椒を混ぜ、汗がにじみ出る辛さに仕上げられている。さらに添付の辛さ15倍アップを成す「辛さ増強ソース」には島根県産「神出雲唐辛子」をブレンドしたものを使用。この唐辛子には辛味の中にも旨みがあるのが特徴で、辛さだけでなくさらなるコク、旨味をもアップすることができる次第。

そして通年販売品の「10倍」「20倍」と合わせ、公益財団法人日本サッカー協会の期間限定公認製品として、パッケージデザイン上部には「サッカー日本代表チームVer.」とのロゴ、マーク、さらには選手たちの活躍を応援するかのごとく「燃える辛さ!」のキャッチコピーが炎のデザインと共に描かれている。

また同時期に「DONBURI亭」の限定商品として、肉丼系ではリッチな種類として欠かせないカルビ丼を楽しめる「牛カルビ丼」が登場する。他のシリーズ品同様にお湯で温めるだけで手軽に、やわらか牛カルビ肉を特製ピリ辛たれで仕上げた、ご飯が進みまくる牛カルビ丼が完成する。辛みで食が進むという点では「ビーフカレーLEE 辛さ×30倍」と同じ感覚で食することができる(もちろん牛カルビ丼の辛さが30倍というわけではない)。

両商品とも黒地を背景に燃えるような辛さ、そして旨味を暗に表する赤を用い、アグレッシブなアピールのパッケージデザインが目に留まる。特に「ビーフカレーLEE 辛さ×30倍」はその辛さをとことん再現するかの如く、商品名の周囲に燃え盛る炎を思いっきり描いており、商品名そのものがかすんでしまう程。「そこまで辛いのか」と辛味が好きな人ですら、ややたじろぐかもしれない。


■関連記事:
【江崎グリコ、80kcalのレトルトカレー「カロリーコントロールカレー」を2月15日から発売】
【無印良品のレトルトインドカレー、スパイスや素材の配合を見直し「素材を生かした」形で新登場】
【レトルト食品の王者、誰もが知ってるあの食品】
【カロリーひかえめなポテトスナックとレトルトカレー、アサヒフードアンドヘルスケアより発売】
【賞味期限6年間、常温保存が可能なレトルトカレー、ヱスビー食品から受注生産形式で発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー