今度はタイ料理が具材に・ミニストップのカリマン、第三弾はガパオ味

2014/04/19 12:00

カリマン ガパオミニストップは2014年4月18日、同社のカウンターフーズの新作メニュー「カリまん」の姉妹品的な新商品として、「カリマン ガパオ」を数量限定で同年4月18日から順次、同社店舗で発売すると発表した。4月25日からは全国の同社店舗での発売となる。価格は150円(税込)。タイ料理「ガパオ」を具材にしているのが特徴(【発表リリース:人気の“カリまん”に数量限定で「ガパオ」新登場! “カリまん”はアジア各国でもブレイク中】)。

↑ カリマン ガパオ
↑ カリマン ガパオ

「カリまん」とは元々日本国内のミニストップで発売されたカウンターフーズをベースに開発され、東南アジアの店舗で展開し好評を博すようになった「Kariman(カリマン)」をもとに、日本向けに再開発された、片方の手だけで持ち運び食することができる、お気軽タイプのスナック食品。特徴ある具材をほくほく感のある生地で包み、外側をカリッとした食感に仕上げているのがポイント。

今回登場する「ガパオ」はタイ料理でお馴染みのガパオ(豚のひき肉などの肉類とシソ科の植物カミメボウキを食材とし、ナンプラーやオイスターソースで炒めた料理)を具材にした一品。今商品では鶏と豚のひき肉、にんにく、赤ピーマン、バジルをオイスターソース、ナンプラー、さらには豆板醤で味つけしている。タイ料理独特の辛味と風味を伴った、アジアンテイストな味わいとして具材が仕上げられており、それを「カリマン」の生地で包み込んでいる。

今回「ガパオ」が展開されることにより、「カリマン」は中華味、ナポリタン味、ガパオ味の3種類が出そろうことになる。それぞれの味わいの違いを食べ比べても面白いし、日々ローテーションを組んだり、気分に合わせて種類をチョイスするのも良さそうだ。構造的にも似通っているカレーパンとは言葉通りひと味もふた味も違う、揚げパン系スナックの冥利を味わうことができよう。


■関連記事:
【ミニストップ、店内炊き上げご飯でつくった「手づくりおにぎり」全店舗で導入完了】
【あの「かりかりまん」が帰ってきた・ミニストップで「カリまん」発売開始】
【カリカリ生地にナポリターンな組合せ、とな? あの「カリまん」にナポリタン味登場】
【ミニストップから「手包み海老チリまん」数量限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー