カーニバルだよ・陽気な味わいのチョコ「オンショコラ<リオのフルーツサンバ>」ロッテから発売

2014/04/25 08:00

オンショコラ<リオのフルーツサンバ>ロッテは2014年4月24日、テーマに沿ったきらびやかな見た目と味わいが特徴のチョコレートブランド「オンショコラ」の最新作として、ブラジルにスポットライトをあてた新商品「オンショコラ<リオのフルーツサンバ>」を同年5月13日より発売すると発表した。価格はオープン価格(想定小売価格131円前後(税別))。内容量1枚。商品区分はチョコレート(【発表リリース:ブラジルの陽気な味わいをご家庭で!『オンショコラ〈リオのフルーツサンバ〉』5月13日発売開始】)。

↑ オンショコラ<リオのフルーツサンバ>
↑ オンショコラ<リオのフルーツサンバ>

「オンショコラ」とは名前の通り板チョコの上にカラフルなトッピングを多数配して、独特の食感と見た目を楽しむスタイルのチョコレート。説明にいわく「五感で楽しむ新しい板チョコレート」とのことで、その特性を活かしさまざまな海外における1シーンをイメージさせる味わいを提供している。現在「ローマのカフェタイム」「ハワイの朝フルーツ」「バレンシアの太陽」が発売中。

オンショコラ<リオのフルーツサンバ>構成今回登場するのは、この6月にサッカーの祭典ワールドカップが開催されることを受けて注目を集めているブラジルをテーマとし、そのブラジルで有名なリオのカーニバルを想起させるような一品。ミルクチョコレートをベースに、カリカリっとした食感が特徴のライムキャンディチップ、甘酸っぱさが特徴のパイナップルチップ、華やかな酸味がポイントのラズベリーチップの3種類のトッピングを施している。見た目もカラフルでカーニバルのような色とりどり感を覚えさせ、口に含んだ時の食感もまた見ている方まで心が躍るようなカーニバル感。

パッケージも他の「オンショコラ」同様に左側には複数の色つきの円をベースに商品名を大きく描き、右側には商品そのものの写真を配して色鮮やかな見た目をアピールさせている。商品そのものが派手さを感じさせる色合いのため、非常に映える見た目として仕上げられている。またさり気なくサッカーボールを配しており、ブラジルへのイメージと合わせワールドカップをも想起させる。

多彩な味わいと歯ごたえが楽しめる「オンショコラ」の中でも、今件商品が彩りの中では一番の派手さ。既存のレパートリーがどちらかといえば大人しい、落ち着いた情景をイメージさせているのに対し、「リオのフルーツサンバ」は心躍るノリの良いにぎやかさが見た目からもにじみ出てきそうではある。


■関連記事:
【チョコでせんべいをコーティング、ロッテが岩塚製菓とのコラボで「せんべいチョコ」を発売】
【不二家はメッセージ付き、ロッテは巨大化・いつものチョコをひと味変えて母の日チョコレートとして展開】
【「はちみつレモン」の味を再現したウエハースチョコとキャンディ、ロッテから登場】
【これはホントにビックリ・ロッテ×モンハンコラボな「ビッ狩りマンチョコ」3月25日発売】
【ロッテのチョコ「ガーナ」を使ったスイーツなど7品目、サークルKサンクスで期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー