\料金支払/ \ごはん/ で攻めるローソンマート

2014/04/30 10:30

収納代行サービスローソンは2014年4月28日、同社が展開している新型コンビニ「ローソンマート」全店(2014年4月末時点で11店舗)において、電気・水道・ガス・電話などの公共料金や税金、通信販売代金などの支払い手続きが出来る「収納代行サービス」を同年5月1日から開始すると発表した。また同社が展開する100円ショップ「ローソンストア100」全店(2014年3月末時点で1197店)で同年5月12日から同サービスを開始する。ローソンマートでは店内調理施設「できたて厨房」で手作り弁当の販売を同年5月4日から逐次展開していくことも明らかにしている(【発表リリース:「進化型コンビニ」ローソンマート 新規サービス開始】)。

↑ 収納代行サービスを知らせるPOPなど
↑ 収納代行サービスを知らせるPOPなど

「ローソンマート」とはローソンが2014年2月以降展開を開始した新業態のコンビニで、コンビニの利便性とスーパーの品揃えの豊富さを兼ね備えている。ローソン側では「進化型コンビニ」と呼び、実証実験も兼ねて多様なサービスの導入を逐次行っている。

今回導入されるのは、一般のコンビニではお馴染みの収納代行サービス。電気料金・ガス料金・水道料金・電話料金などの公共料金、さらには税金、国民年金保険料、一部自治体の国民健康保険料・地方税、通信販売代金などの収納を依頼できる。支払方法はレジで現金のみ。今サービスは「ローソンマート」に続き「ローソンストア100」でも導入される。

また「ローソンマート」ではスーパーの食品売り場でお馴染みの生鮮品などが好評を博しており、特に女性やシニア層からの支持が厚い。これを受けてさらに需要に応えるべく、店内調理施設「できたて厨房」で作った手作り弁当や、惣菜・デリカとの買い合わせにマッチする白飯の販売を、ローソンマート高田東店で5月4日から開始。今後逐次他の「ローソンマート」でも発売していくことになる。

↑ できたて厨房のPOP
↑ できたて厨房のPOP

↑ 「できたて厨房」における販売メニュー一例。熟成三元豚肉のソースかつ丼(左)と半熟玉子を使った焼豚丼(右)。それぞれ486円(税込)
↑ 「できたて厨房」における販売メニュー一例。熟成三元豚肉のソースかつ丼(左)と半熟玉子を使った焼豚丼(右)。それぞれ486円(税込)

営業時間が長いコンビニでは収納代行サービスは多くの人に便宜性を与え、またコンビニ側では来客機会を増やし、ついで買いが期待できる。スーパー・デパートの業態では衣料品や住関品の業績がいまいちで食品分野のみが盛況なことから、食品分野への注力がさらに進む傾向がある。

「ローンマート」ではまさにそれら類似業態の良い所を相次ぎ導入し、「良いとこどり」をしている感はある。店舗運営側の負担が気になるところだが、周辺地域住民には喜ばしい話には違いない。他方「ローソンストア100」における収納代行サービスの導入も、昨今ではシニア層の利用が増えている同店舗にとっては、さらなる付加価値アップとなることだろう。


■関連記事:
【ローソンから豪ビーフ100%のハンバーガー「肉厚ビーフハンバーグサンド」店舗限定で登場】
【進化型コンビニ「ローソンマート」、静岡・埼玉・愛知に展開へ】
【色々あってこりゃ便利…オレンジがシンボルカラーなスーパー的ローソン・ローソンマート展開開始】
【毎月26日は「にっこりローソンの日」…ローソンで店舗毎の地域別取り組みを推進へ】
【「できたてごはん」を店内調理…「ローソン神戸ほっとデリ」を全国展開】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー