最終点灯日は8月17日…大阪道頓堀のグリコ看板、リニューアルのための消灯スケジュール確定

2014/05/09 07:30

最終点灯日に向けたカウントダウンイベント江崎グリコは2014年5月8日、大阪道頓堀にあるグリコ看板について、リニューアル工事のために行う現在の看板の消灯スケジュールを確定、最終点灯日を同年8月17日に決定したことを発表した。また最終点灯日から100日前となる5月10日以降、カウントダウンを各種ソーシャルメディア経由で行うなど、複数の企画展開を実施する(【発表リリース:グリコ看板 5代目の最終点灯日は 2014年8月17日(日)“ さよなら 5代目 ”企画として100日前から看板をバックにカウントダウン】)。

↑ 最終点灯日に向けたカウントダウンイベントのイメージ。実際には5月10日からスタートする
↑ 最終点灯日に向けたカウントダウンイベントのイメージ。実際には5月10日からスタートする

今回リニューアルが行われることになった大阪道頓堀の大型グリコ看板は、戦前の1935年に設置された由緒あるもの。戦中は軍への鉄材供出として撤去されたが1955年に復活設置。以後何度かのリニューアルを行い、現在第5代目が大阪のシンボルとして日夜を問わず周囲を照らしている。同地域を描写する作品には必ずと言ってよいほど登場する看板としても知られており、2003年には「大阪市指定景観形成物」として認定されている。

今回のリニューアルは現在設置されている看板が、設置開始から16年も経過しており、老朽化が進んだために行うもの。そのリニューアルに伴い消灯が実施されるが、そのスケジュールの一環として今回最終点灯日を8月17日に決定。さらにこの消灯日の100日前となる5月10日からカウントダウンを開始する。このカウントダウンには道頓堀でグリコ看板を眺めている人などに協力してもらい、【ツイッター】【Facebook】などのソーシャルメディアを介して、消灯残り日数を知らせていく。利用者(?!)参加型のカウントダウンイベントともいえる。

最終点灯日に向けたカウントダウンイベントのイメージ(夜間)なお消灯後に行われるリニューアル工事を終え、第6代目として生まれ変わるグリコ看板は、2014年秋頃に完成し、点灯される予定。そのデザインや点灯の際のイベントなどについては、現時点ではまだ未定となっている。

グリコ公式のツイッターアカウントでも今件を伝え、積極的に現在の看板を見に来てほしいとのアピールをしている。機会がある人は記念撮影も兼ねて足を運んでみてはいかがだろうか。運が良ければあるいは、カウントダウンイベントに参加できるかもしれない。


■関連記事:
【大阪道頓堀名物「グリコ看板」リニューアルへ・今年秋完成予定】
【カゴメが「東京マラソン2013」でトマト3万6000個をランナーに提供】
【ファミマ×グリコ×チロルの3社コラボ実現・ビスコなチロルとチロルなビスコ、ファミマで限定発売】
【一粒300メートルで合格までダッシュ・合格祈祷済絵馬入り「受験応援ゴールイングリコ」期間限定発売】
【ひとくち300メートル!? グリコなアイスモナカ、ファミマで限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー