青森のふじりんごをそのまま飲みほす「まるごと搾ったふじりんご」JR東エキナカなどで発売

2014/05/13 07:30

まるごと搾ったふじりんごJR東日本ウォータービジネスは2014年5月13日、品種限定果汁飲料シリーズの最新作として、青森県農村工業農業協同組合連合会との共同開発による「まるごと搾ったふじりんご」を同日から発売すると発表した。価格は160円(税込)。280ミリリットルペットボトル。JR東日本のエキナカ自販機やコンビニ、スーパーなどでの発売(【発表リリース:品種限定果汁飲料『まるごと搾ったふじりんご』新発売】)。

↑ まるごと搾ったふじりんご
↑ まるごと搾ったふじりんご

JR東日本ウォータービジネスでは一品種の果物のみを用いることで限定感・高品質感をかもす果汁飲料を展開している。今件商品はその最新作で、青森県産ふじりんごのみを用いた、ストレート果汁100%のジュースとなっている。晩生種の「ふじ」は甘味と酸味のバランスがとれているのが特徴で、酸化防止剤(ビタミンC)を使わない「密閉搾り」(りんごを変色させずに充填できる)を採用しているので、そのりんごのコクと芳醇な香りを含め豊かな味わいをストレートに楽しめる。

パッケージデザインには初夏の岩手山を背景に描いて季節感を演出し、さらに和紙に筆で描いたような字体を用いて国産品ならではの特性をアピールしている。正面やや下側には「ふじ」そのものを大きく配し、りんご感をかもしている。また青森県産の商品だけが使える「青森の正直」のロゴマークを使い、有力なりんごの産地である青森県との連携商品という実態をも商品の特徴として見せ、認識させる。

JR東日本ウォータービジネス製の飲料水には旅のひとときに気分転換となるような、あるいは心の安らぎを後押ししてくれるような、優しく深い味わいのジュースを次々と発売し、自販機などのラインアップとして提供してくれる。素材の特性から期間限定となる場合が多いのが残念だが、その品揃えの豊富さには心躍らせてくれる。

今回の「まるごと搾ったふじりんご」もまた、豊かな品揃えの一員として、目を楽しませ、のどを潤してくれるに違いない。


■関連記事:
【王林の旨味をぎゅっと絞った100%ジュース「まるごと搾った王林」エキナカで発売】
【JR自販機の美味しいボトル、「福島あかつき 桃」「ゆずみかん」発売】
【オシャレな容器もポイント、エキナカ自販機限定・ミルクたっぷりな「おいしいカフェオレ」発売】
【青森の今をお届け「つがるりんご」JR東日本駅売店などで発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー