アイスもワンコインで・ファミマの挽きたてコーヒーのアイスにSサイズも100円で登場

2014/05/13 08:00

FAMIMA CAFE アイスコーヒーのSサイズファミリーマートは2014年5月12日、同社のカウンターコーヒー「FAMIMA CAFE」のアイスコーヒーメニューに、新たにSサイズを同年5月13日から導入すると発表した。価格は100円(税込)。内容量230グラム。宮崎県・鹿児島県・沖縄県の各店舗を除く。今回のアイスSの登場で、「FAMIMA CAFE」シリーズのラインアップは計6種類となる(【発表リリース:挽きたてコーヒー「FAMIMA CAFE'」アイスコーヒーにSサイズが登場! ラインナップが更に拡大!全6種類に】)。

↑ FAMIMA CAFE アイスコーヒーのSサイズ
↑ FAMIMA CAFE アイスコーヒーのSサイズ

ファミリーマートでは試験・地域限定運用を経て2012年9月から本格的に、カウンターで淹れたてのコーヒーを抽出する「FAMIMA CAFE」の展開を開始している(当初はブランド名も「あじわいFamima Cafe'」だったが、2013年11月から現在の「FAMIMA CAFE」に変更)。高い圧力をかけて抽出を行う「エスプレッソ抽出式」を用いることで、香り高さやコクを有するコーヒーを提供できる。またきめ細かい泡立ちのミルクメニュー「カフェラテ」は、特に女性陣からの氷菓が高い。さらにこのコーヒーとの連動性・相互効果を模索し、各種スイーツ群の開発展開にも余念がない。

今回のアイスコーヒーにおける「Sサイズ」(一番小さいサイズ)の登場の理由について、リリース上では「挽きたてコーヒーをより多くのお客様にお楽しみいただくため、また小容量で楽しみたいというお客さまのニーズに応えるため」と説明している。一方、各種状況を確認するに、コンビニコーヒーとしては先行展開しているセブン-イレブンの「セブンカフェ」においてホットコーヒー・アイスコーヒー共にR(レギュラーサイズ)が100円(税込)で展開中であること、ファミリーマート自身でも先日ホットメニューのSサイズの展開を同額の100円(税込)で開始したこと、さらにこれから気温が上昇するに連れてアイスメニューの需要が高まることなどが、アイスコーヒーのSサイズ登場の機会を後押ししたものと考えられる。

今回のアイスSサイズの登場により、「FAMIMA CAFE」は全部で6種類となる。

↑ FAMIMA CAFEメニュー
↑ FAMIMA CAFEメニュー

言葉通りコイン1枚でお手軽に購入できるサイズにアイスメニューが加わったことで、「FAMIMA CAFE」はこれまで以上に機動力の高い展開が期待できる。サンドイッチをはじめとした各種食事系商品と共に、さらにはお菓子をはじめとする多様なコーヒーとの組み合わせを前提とした商品達との合わせ買いが、さらに増えることは容易に想像できる。今後はその機動性向上を受け、今まで以上にコーヒーとの相性の良い商品開発が成されるに違いない。


■関連記事:
【コーヒー飲料の購入動向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(2014年)(最新)】
【100円玉1枚でOKに・ファミマのコーヒー「FAMIMA CAFE」のホット・ブレンドSが20円値下げの100円に】
【新名称は「FAMIMA CAFE'」・ファミマのカウンターコーヒーリニューアル、120円のSサイズも登場】
【限定品も勢ぞろい・ファミマ、カウンターコーヒーに合うお菓子のラインアップを拡充へ】
【ファミリーマートでカウンターコーヒーの展開開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー