松屋お馴染み定食肉量増量キャンペーン、5月22日から順次開催

2014/05/16 09:30

定食肉量増量キャンペーン牛丼チェーン店松屋を運営する松屋フーズは2014年5月15日、松屋における定番定食メニューのうち「牛焼肉定食」「カルビ焼肉定食」の2品目について、同年5月22日以降それぞれ1週間の期間限定で、肉の量を増量して提供すると発表した。価格はそのまま据え置き。従来から発売されているW定食(肉の量が2倍、ライスの大盛り・特盛が無料で選択できる)も同時期にそれぞれ増量される(【発表リリース:牛焼肉各種定食 増量キャンペーン開催】)。

↑ 「牛焼肉定食」「カルビ焼肉定食」の肉の量が1週間限定で増量される
↑ 「牛焼肉定食」「カルビ焼肉定食」の肉の量が1週間限定で増量される

松屋では新メニューの展開時に合わせ、しばしば期間限定でご飯の大盛りなどについて無料キャンペーンを実施している。それとは別に、多数展開している定食メニューの中から定番中の定番である「牛焼肉定食」、さらには「カルビ焼肉定食」などを中心に、ご飯では無く肉の量を増量するキャンペーンも逐次展開し、既存定食利用客のロイヤリティの向上や新規リピーターの誘引を推し量っている。直近では今年3月に「豚バラ肉定食」の増量キャンペーンを、昨年10月に今回と同様のキャンペーンを実施している。

今回のキャンペーンでは5月22日午前10時から5月29日午後3時まで、牛焼肉定食・牛焼肉W定食について、価格はそのまま据え置き(590円・890円)で肉の量が25%増しとなる。そして5月29日午後3時から6月5日午後3時まで、カルビ焼肉定食・カルビ焼肉W定食が価格据え置き(630円・930円)で、肉の量が33%増しとなる(両定食間で増量度合いが異なることに注意)。イメージ的にはお皿に配される肉が一列分増加すると見れば良いだろうか。

今回肉増量の対象となる定食は、松屋のメインメニューとなる牛めし(並盛290円)と比べれば多分に高単価であり、リピーターを確保できれば客単価の引き上げを可能とする。牛丼御三家(吉野屋、松屋、すき家)では肉の量の増強の類のキャンペーンを実施するのは松屋のみで、ある意味「松屋ならではの嬉しいイベント」ともいえる。元から興味を持っている人は、これを機会にその味わいを試してみるのも良いだろう。


■関連記事:
【松屋の牛焼肉定食・牛肉25%増し版 試食】
【松屋で再び肉増量キャンペーン、牛定25%・カルビ定33%アップ】
【松屋、定食メニュー「牛焼肉」「カルビ焼肉」を価格据え置き・肉増量で期間限定提供】
【ジューシーハンバーグにたっぷり大根おろし、松屋から「和風おろしハンバーグ定食」発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー