3DS LL本体に「妖怪ウォッチ」特別版登場、数量限定でジバニャンがお出迎え

2014/05/20 15:40

ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック任天堂は2014年5月20日、同社の携帯ゲーム機ニンテンドー3DS LLの特別仕様版として、「ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック」を同年7月10日に発売すると発表した。価格は1万8000円(税別)で通常版3DS LLと同価格。数量限定。「妖怪ウォッチ」に登場する妖怪などが描かれているのと共に、データカードダス 妖怪ウォッチの限定カード「ゴルニャン」が付いてくる。ソフトの「妖怪ウォッチ」「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」は別売り(【発表ページ:ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック】)。

↑ ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック
↑ ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック

去年夏に発売され、テレビアニメの放映で再び人気が盛り上がっている「妖怪ウォッチ」だが、【アニメ放送で止まらぬ勢い・「妖怪ウォッチ」累計出荷本数100万本突破】にもある通り出荷本数は累計で100万本を突破、今年の7月10日には続編にあたる「妖怪ウォッチ2 元祖」「同 本家」が発売される。今回の「ニンテンドー3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック」はそれに合わせての登場となる。

性能面での仕様は従来の3DS LLとまったく変わらない。一方、箱は赤を基調としてゲームに登場する多数の妖怪が描かれた背景が用いられている、特別仕様のもの。本体も白をベースとしているが、背景には多数の妖怪たちがシルエットの形で配され、さらに上画面・下画面の裏面に、「妖怪ウォッチ」のマスコットキャラクター的な妖怪「ジバニャン」の愛らしい姿が描かれている。また、本屋やゲームセンターなどで稼働中の「データカードダス 妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア」用の限定カード「ゴルニャン」が1枚ついてくるのもポイント。

一方今パッケージは本体のみで、ACアダプタは別売り。また、同日発売予定の「妖怪ウォッチ2 元祖」「同 本家」や、現在発売中の「妖怪ウォッチ」のソフトそのものは同梱されていない。

なお今商品は「月替わりオススメソフトキャンペーン」の対象商品となっている。これはハード本体と、ソフト1本をダウンロードできるキャンペーンチケットがセットになっているもので、ダウンロードできるソフトは月ごとに変更される。チケットをいつ使って引き換えをするかは自由だが、月が替わると以前のソフトは引き換えできなくなる。

任天堂では時折今件パッケージのように、ソフトのイメージをあしらった特別仕様のハードを発売するが、これは見方を変えれば対象ソフトが人気を博している、あるいは期待が込められていることを意味する。今回「妖怪ウォッチ」が対象となり、しかも発売日が「2」と同日の設定となっていることから、任天堂が「妖怪ウォッチ」シリーズに大きな期待を寄せていることが分かる。

発売日となる7月10日は、ソフトだけでなくハードにおいても、大いに盛り上がりを見せることになりそうだ。


■関連記事:
【妖怪ウォッチ2が早くも出るらしい。しかもポケモンみたいに2タイプ】
【あの妖怪たちがソフビ化、何が出るかはオタノシミ・「キャラミニ 妖怪ウォッチ なにがでるかニャー?」登場】
【妖怪ウォッチがトップ継続、マリオなゴルフも第二位維持…ゲームソフトランキング更新(2014/05/05-05/11)】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー