豆腐の天ぷらにてんやがチャレンジ・三種揚げ天丼5月29日から登場

2014/05/23 12:45

三種揚げ天丼ロイヤルホールディングスは2014年5月23日、同社が運営する天丼チェーン店「天丼てんや」において、同年5月29日から「三種揚げ天丼」を発売すると発表した。価格790円(税込)。また同日から「ロース豚天丼」シリーズ第一弾商品として「生姜ダレロース豚天丼」も発売する。こちらは価格690円(税込)。双方とも持ち帰り可(【発表リリース:5/29(木)より初夏限定メニュー2品新発売 大葉で包む・豆腐ではさむ・空豆をつまむ天丼てんやオリジナル「三種揚げ天丼」 夏こそガッツリ肉天丼!「生姜ダレロース豚天丼」】)。

↑ 三種揚げ天丼
↑ 三種揚げ天丼

今回登場する新商品「三種揚げ天丼」は、大葉や空豆が織りなす鮮やかなグリーンの色合い、そして大葉と豆腐によるさわやかであっさり、さっぱりとした食感が、やもすれば食欲が減退し、こってりとしたものを敬遠しがちな初夏によく似合う、季節限定天丼。構成する天ぷらのうち「粗挽きまぐろのたたき大葉包み揚げ」は、天丼てんや初登場の食材という点でもポイントが高い。店内でひとつひとつていねいに、粗挽きまぐろを大葉で手包みした上で揚げている。「豆腐はさみ揚げ」は「冷奴を天ぷらにできないか?」との商品開発者のチャレンジ精神を体現化したもので、しょう油・生姜・刻みねぎをあん(ジュレ)にして豆腐にはさんで揚げたもの。当然、天丼てんやオリジナルの天ぷら。

そして夏に例年人気の「空豆つまみ揚げ」も盛り合わせ、「包む・はさむ・つまむ」の3種の揚げをメインとし、人気の「海老」「大イカ」「なす」を添えた、スッキリ感と共にリッチなひとときを心行くまで楽しめる丼に仕上げられている。

一方「生姜ダレロース豚天丼」は、老若男女を問わず人気の高い「豚のしょうが焼き」をイメージした肉天丼。

↑ 生姜ダレロース豚天丼(半熟卵付き)
↑ 生姜ダレロース豚天丼(半熟卵付き)

ロース豚天丼シリーズ使用する四元豚(4種類の豚の種類を交配で掛け合わせて開発された豚。通常の豚肉の豚が三元豚であるのに対し、さらに品質向上を目的に交配している)は、大麦と小麦を中心にハーブを加えた特別な飼料で育ち、「さし」と呼ばれる霜降りがあり、脂に甘味のある肉質が特徴。塩麹(しおこうじ)に漬け込んで深いうま味を際立たせ、丼一杯に盛り合わせたロース肉3枚は、前回よりも肉1枚あたり30グラムと約1.5倍に増量。さらに揚げた豚ロース肉を天丼のたれ、生姜ダレ、おろし生姜で味付けし、食欲を刺激する。

なお「三種揚げ天丼」の販売期間終了は明記されていないが、「生姜ダレロース豚天丼」は7月2日まで。それ以降は「ロース豚天丼」第二弾としてキムチ、さらには第三弾としてソース味をテーマに据えた肉天丼が登場する予定。

今回登場する新商品においては、やはり「三種揚げ天丼」内の「豆腐はさみ揚げ」が注目に値する。てんや側の開発者の疑問同様、「冷奴の天ぷらってどんなの?」という素朴な疑問が沸く人は少なくない。この「豆腐はさみ揚げ」は季節限定ながら単品メニューとしても(120円)発売されるとのことなので、他のオーダーと共に一つ二つ合わせ買いし、その未知なる味わいを試してみるのも一興だろう。


■関連記事:
【天丼てんやで秋の味覚を盛り込んだ「松茸ぎんなん天丼」など秋季限定発売】
【ふんわりおぼろ豆腐でさくっと「のっかけご飯」がつくれる・「ぶっかけ豆腐」「ぶっかけたぬき豆腐」発売】
【豆腐入りのチョコ、とな? ミニストップからフリーズドライ豆腐入りチョコ「素材を味わうチョコレート とうふ」発売】
【ローソンのブランシリーズから初の和惣菜パン「豆腐ハンバーグブラン」登場】
【てんや初・ポテトサラダの天ぷらとな!? 「ポテマヨ鶏天丼」と「早春天丼」本日から期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー