今度は生地にクリームばさみでとろりんさくっ・「クロナッツ」的なキュービックドーナツ第二弾、サークルKサンクスから発売

2014/05/27 07:00

キュービックドーナツサークルKサンクスは2014年5月23日、同社のパンブランド「おいしいパン生活」の新商品として「キュービックドーナツ」2品目「ミルクチョコ&カスタード」「キャラメルチョコ&ルーブルクリーム」を、同年5月27日から全国の同社店舗で発売すると発表した。価格は135円(税込)(【発表リリース:発売1ヵ月で150万個を突破した新食感ドーナツ!「キュービックドーナツ」第二弾】)。

↑ キュービックドーナツの「ミルクチョコ&カスタード」「キャラメルチョコ&ルーブルクリーム」
↑ キュービックドーナツの「ミルクチョコ&カスタード」「キャラメルチョコ&ルーブルクリーム」

「キュービック ドーナツ」とはアメリカ・ニューヨークで昨年夏から特に話題を呼び、そのシンプルな作りと味わいの妙から注目を集めている「クロナッツ」ことクロワッサン・ドーナツを商品化したもの。サークルKサンクスでは今年2月に第一弾として「チョコ&クランチ」「イチゴチョコ&ミルクチョコ」を販売、発売開始から1か月間で、当初予想を大きく上回る売り上げ(150万個)を突破した。今回はその盛況ぶりを受けての第二弾展開となる。

第二弾の味わいは「ミルクチョコ&カスタード」「キャラメルチョコ&ルーブルクリーム」。ドーナツ用の味わいとしてはオーソドックスな組合せによるものだが、生地内部にクリームをはさみこむことで、外壁のコーティング部分のチョコによるぱりぱり感、48層にも折り込まれた生地のさくっとした歯ごたえと共に、ふんわりとしたクリームによる食感を楽しめるのがポイント。前作と比べるとクリームが加わっていることで、食感の複雑さによる面白さがさらに増すことになる。

パッケージは第一弾同様シンプルなもの。白色を背景に断面図による商品全体図、そして商品名を描いており、左上にはキャッチロゴ的な「CUBIC DOUGHNUT」とシリーズ名が書かれている。そして今作では生地に織り込まれるクリームがポイントであることから、断面図のクリーム部分を抽出拡大し、どのようなクリームが用いられているかの説明が加えられている。

構造のシンプルさや素材のハードルの低さ、ありそうでなかった組合せの面白さから、「クロナッツ」の日本版は各社から展開されることとなった。それぞれ発売元の創意工夫が凝らされ、独自の美味しさが生み出され、好評を博している。今回の「キュービックドーナツ」2品目も、クリームはさみ込みというプラスαがなされ、前作以上に注目を集めることになるだろう。


■関連記事:
【話題のクロワッサンドーナツ「クロナッツ」が「キュービックドーナツ」となってサークルKサンクスに登場】
【Mr.CroissantDonut(ミスタークロワッサンドーナツ)(ミスタードーナツ)試食】
【早いねあっという間にミリオン達成…ミスド版クロナッツこと「ミスタークロワッサンドーナツ」、一週間足らずで販売数100万個突破】
【さくさく食感が話題のクロワッサンドーナツ、ミスドで期間限定発売】
【クロワッサンドーナツ戦線にローソンも参戦、チョコとストロベリーが登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー