日本初上陸なブラジルの炭酸飲料を飲み干せ・「KUAT(クアッチ)」セブン-イレブンなど限定で登場

2014/06/10 07:00

KUAT(クアッチ)セブン&アイ・ホールディングスは2014年6月9日、日本コカ・コーラとの共同開発企画商品として、ブラジルの国民的な炭酸飲料「KUAT(クアッチ)」を同年6月17日から全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンの限定商品として発売すると発表した。価格は138円(税別)。490ミリリットルペットボトル。熱量は44kcal(100ミリリットルあたり)。日本で開発・製造された製品(【発表リリース:―セブン&アイ・ホールディングス限定発売―ブラジルの国民的炭酸飲料「KUAT(クアッチ)」が日本初上陸!】)。

↑ KUAT(クアッチ)
↑ KUAT(クアッチ)

今回登場する「KUAT(クアッチ)」は1997年にブラジルで誕生した、カフェインをコーヒーの3倍含む黒い種子を有し、その種子から抽出したガラナエキスを原料に多くの飲料や食用に使われている、ブラジルで多く栽培されているムクロジ科のつる植物「ガラナ」を用いた炭酸飲料。ブラジルだけでなくメキシコやベネズエラなど、中南米を中心に多くの人にコーラ飲料と共に親しまれている。食事との相性が良いことや気分転換に良く似合う飲料としても注目されている。商品ブランド「KUAT(クアッチ)」の由来は「アマゾンインディアンの太陽神」だが、これはアマゾンの特産でもあるガラナを起源としているところから来ている。

日本で展開される「KUAT(クアッチ)」は、甘みと酸味のバランスが取れた、さわやかですっきりとした飲みやすい味わいが特徴。芳醇な香りと刺激的な酸味や味わいから、活力が欲しい時、気分転換をしたい時に良く合う一品となる。またサッカーワールドカップの開催でブラジル熱が高まりを見せていることから、そのブラジルで流行っている飲料を飲み干すことで、気分を一層盛り立てる意味合いもある。

パッケージのデザインには中身のゴールド色に合わせる形で同系色をベースとし、さらに赤みを加えることで、さらなる活力、勢いを表現している。中央部分には斜めに商品名を緑で大きく描いて目立たせ、特徴的なガラナの赤い実をアクセントとして配し、その上「From Brazil」のアイコンを置いてブラジル生まれの飲料であることを強調している。

また2014年6月17日から9月7日までの期間限定で、LINEのコカ・コーラ公式アカウントを「友だち」に追加することで、中堅男性サラリーマンをモチーフにしたキャラクタが扮する「KUAT(クアッチ)」の「気分はサンバスタンプ」8種類が提供される。そしてセブン-イレブンで6月17日から6月末まで使える「KUAT(クアッチ)」20円割引クーポンも入手できる。

↑ 「KUAT(クアッチ)」スタンプ8種類
↑ 「KUAT(クアッチ)」スタンプ8種類

ガラナ系の炭酸飲料は特に北海道でよく浸透しており、それと関連してブラジルで流行を見せているブランド名「KUAT(クアッチ)」を知っている人も少なからずいるかもしれない。今回はセブン&アイ系の店舗での展開ということから全国で入手ができるため、初めて体験する味わいとの人も多いだろう。ブラジルではコーラと肩を並べるほどに知名度の高い「KUAT(クアッチ)」の味がどこまで多くの人を魅了するのか、発売が楽しみでならない。


■関連記事:
【8種類のアイルーがお出迎え・『モンハン』とのコラボ飲料「アサヒ ドデカミングレート PET500ml」登場】
【ローソン限定・エナジーなペプシが新発売】
【ブラジル名物炭火焼きチキン「シュラスコ」をカップめんで・日清食品から「カップヌードル ブラジリアンチキンヌードル」など登場】
【ブラジルを麺で食べちゃえ・もう第二弾…郷土料理「ムケッカ」を題材にしたカップヌードルと焼きそばがビックサイズで日清食品から発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー