あらコレいいネ・キレートレモンがタブレットに変身

2014/06/11 09:30

キレートレモンタブレット袋不二家は2014年6月3日、ポッカサッポロフード&ビバレッジのレモン果汁入り飲料「キレートレモン 155ミリリットルビン」の味わいを元にしたタブレット「キレートレモンタブレット袋」を同年6月17日から発売すると発表した。40グラム入りが130円、70グラム(個包装紙込)が216円(いずれも税込)。商品区分は清涼菓子(【発表リース:爽やかなレモンで人気の飲料がタブレットに♪「40g/70gキレートレモンタブレット袋」2014年6月17日(火)発売】)。

↑ 左からキレートレモン 155ミリリットルビン、キレートレモンタブレット袋40グラム、同70グラム
↑ 左からキレートレモン 155ミリリットルビン、キレートレモンタブレット袋40グラム、同70グラム

「キレートレモン」は「カラダにレモンの元気を。」をうたったレモン果実入り飲料水。1本のビンにレモン1個分の果汁が詰まっており、ビタミンCやレモン由来のクエン酸が摂取できる。ビンの造形も丸みを帯びてビジュアルも緑と黄色で統一され、レモンそのものを想像させる。

今回登場するタブレット袋は、その「キレートレモン」の味わいをイメージしたタブレット。不二家がポッカサッポロフード&ビバレッジからライセンスを受けて展開する。「キレートレモン」同様にレモン果汁とクエン酸入りで、レモンの酸味と炭酸のような爽快感が味わえるタブレットに仕上げられている。40グラム入りは持ち運びに便利な小袋タイプ。一方70グラム入りは一度に食べきらず何度かに分けて食することができるように、個包装タイプとなっている。

パッケージデザインは商品そのものが「キレートレモン」をモチーフとしていることが一目でわかるよう、全体的なビジュアル・デザインについて「キレートレモン」を踏襲している。ビンそのものの緑がかった色をデザイン的な緑の着色で再現し、フレッシュ感あふれる緑の十字付きレモンを中央に、大胆に配している。一方でそのレモンの周辺には水滴だけでなく商品そのもののタブレットもまぶし、今商品がタブレットであることをアピールすると共に、「キレートレモン」ではイメージ的に黄色で着色されているだけだったレモンの下部部分に輪切りのレモンを複数、そしてタブレットそのものも描き連ねることで、さらなるレモン感を演出している。

あの独特の酸っぱさとさわやかさが液体では無くタブレットで味わえるとなれば、気になる人も少なくあるまい。


■関連記事:
【クエン酸4倍で超すっぺー! 「すっぱい! C.Cレモン」12月17日発売】
【エキナカ限定・梨の果汁飲料「和梨」登場】
【さわやかレモンな塩味が期間限定登場・「ソルトサブレ レモン仕立て」発売】
【「はちみつレモン」の味を再現したウエハースチョコとキャンディ、ロッテから登場】
【30年ぶりにカムバック、レモン仁丹がローソンで来年1月から先行発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー