ナンとまあ美味しそうなモスのナン、今夏はインド風2種類が登場

2014/06/13 09:30

モスのナン スパイスミートタコスハンバーガーなどの外食チェーン店モスバーガーを展開するモスフードサービスは2014年6月12日、同店舗にて同年7月8日から8月下旬までの期間限定で、風味豊かで刺激にあふれる味わいのナン料理「モスのナン スパイスチキンカレー」「モスのナン スパイスミートタコス」を発売すると発表した。価格はそれぞれ340円・370円(税込)(【発表リリース:スパイスを10種類以上配合した本格的な辛さ 「モスのナン スパイチキンカレー」新登場 「モスのナン スパイスミートタコス」「ラッシー」も同時発売】)。

↑ 左から「モスのナン スパイスチキンカレー」「モスのナン スパイスミートタコス」
↑ 左から「モスのナン スパイスチキンカレー」「モスのナン スパイスミートタコス」

モスバーガーでは1996年から夏の期間限定商品として、インド方面の主食の一つで、カレーなどの添え物として有名な「ナン」を用いたメニューを展開しており、夏到来を利用者に想起させるものとして知られている。毎年多様な食材と組合せ、モスならではの味わいを提案し、評価を受けているが、今回はインド料理のチキンティッカ(香辛料などに浸けこんだ鶏肉を壺窯で焼いたインドの料理)をイメージしたチキンスティックに、本格的な辛さが自慢のインド風カレーをメインに据えた「モスのナン スパイスチキンカレー」が新たに発売されることになる。カレーソースはトマトベースで10種類以上のスパイスを使っており、トマトの酸味をメインにさまざまな調味料によって織りなされるぴりっとした辛さを堪能できることになる。

もう一種類のナンメニュー「モスのナン スパイスミートタコス」は昨年同様モスのナンではお馴染みの一品(昨年は「ナン・タコス」として発売された)。タコスミート(牛ひき肉)やレタス、トマトをこれでもかとばかりにのせて、チェダーチーズのソースをかけ、さらにトルティーヤ(薄焼きパン)をトッピング。今年は肉の食感を残しつつスパイスをガッツリと効かせたタコスミートの旨味、野菜のシャキシャキ感、トルティーヤのサクッとした歯ごたえの組合せがポイントとなる。

またナンそのものも今年は昨年と比べて小麦の配合を変えることで、「外側はカリッ」「内側はモチッとやわらか」な食感に仕立て、ナンそのものの味わいや食べ応え、上にのるトッピングとの相性をさらに良いものとしている。

今年はナンに程よく合うインドのドリンクをイメージした「ラッシー」「果肉あじわう マンゴーラッシー」も同時に発売されるため、さらにナンの味わいを雰囲気と共に楽しむことができる。ふわっとやわらかなナンの上に贅沢な山盛り感を覚えるほどにのせられた具材の食感と、それを一度に口に含むことで得られる味の一体感、刺激的な旨味にほれぼれしながら、心行くまで「モスの夏」の到来を楽しむことが出来るに違いない。


■関連記事:
【ナンにマッチしたカレー「ナンともおいしいキーマカレー」ハウス食品から登場】
【今夏はカレードッグも…モスで夏定番のナン商品発売】
【夏だ、ナンだ、チキンだ!…ロッテリアから夏向けメニュー・チキンなナンサンド2種、6月5日発売開始】
【モスの人気商品「バーベキューフォカッチャ」季節限定で復活販売】
【たっぷり野菜と豚肉、そしてライ麦パンの素敵な組み合わせ…モスから「ごちそうサラダ『豚しゃぶ』パン付き」期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー