これを待っていたんだヨ・ファミマの冷凍焼き鳥に塩味登場

2014/06/18 10:30

炭火焼き鳥(塩)ファミリーマートは2014年6月17日、同社のプライベートブランド「FamilyMart collection」の冷凍食品の新商品として「炭火焼き鳥(塩)」(4本入り)を同年6月24日から全国の同社店舗で発売すると発表した。価格196円(税込)。電子レンジで加熱して食べる商品。数量限定発売(【発表リリース:大好評の焼き鳥に“塩味”が登場! 「FamilyMart collection 炭火焼き鳥(塩)」新発売】)。

↑ FamilyMart collection「炭火焼き鳥(塩)」(4本入り)
↑ FamilyMart collection「炭火焼き鳥(塩)」(4本入り)

ファミリーマートでは「FamilyMart collection」で多種多様な冷凍食品を展開しているが、今年5月には炭火焼き鳥の第一弾として「炭火焼き鳥(たれ)」の発売を行っている。専門店のような本格的な味わい、そして1本当たりの価格が実質約50円というお値打ち感を受け、大いに人気を博している。今回登場する「炭火焼き鳥(塩)」は、それに続く「炭火焼き鳥」の第二弾となる。

「炭火焼き鳥(塩)」は備長炭で香ばしく焼き上げた鶏のもも肉を、塩味で美味しく仕上げた一品。冷凍タイプとして提供されており、焼きたての美味しさがしっかりと閉じ込められているのがポイント。500Wの電子レンジなら商品1パッケージ4本あたり約3分、600Wならば2分50秒ほど加熱すれば、塩味がぴりっと利いた焼き鳥が完成する。

パッケージは「FamilyMart collection」共通のブランドロゴを中央に大人しく配し、共通のカラーリングで商品名と構成本数、簡単な説明を書き連ねているが、その背景には大写しで完成時の商品イメージが描かれている。落ち着いた色調のお皿の上に「炭火焼き鳥(塩)」が4本並べられ、色合いの異なるたくわん(別売り)が添えられることで、焼き鳥そのものの落ち着いた、確かな味わいが改めて想起される。日々の食卓に、そしておつまみなどとして常食しても安心感を覚えるような日常性が描かれているのが好感を持てる。

先行発売されている「たれ」と今回の「塩」を合わせ、焼き鳥の二大味つけが揃う事となった。好みが分かれる焼き鳥の味つけだが、これでどちらが好きでも安心して選択肢に収めることができる。また双方を合わせてチョイスし、その味の違いを堪能するのも趣のある食し方といえよう。


■関連記事:
【お手軽本格冷凍焼き鳥、ファミマの冷凍食品で発売】
【ローソンの炭火焼鳥、大きさかさ上げでリニューアル発売】
【ダイナミックサイズでじゅるりなジューシー感・大型焼き鳥2種、ミニストップから発売】
【ローソンからフライヤーで仕上げた焼き鳥4種登場】
【ローソンの焼き鳥に「炭火やきとり やげん軟骨・もも(塩)」が登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー