BOSSのアイスコーヒーですと!? サークルKとサンクスだけの限定発売

2014/06/19 09:30

ボス ザ・アイスコーヒーサントリー食品インターナショナルは2014年6月17日、同社のコーヒーブランド「BOSS(ボス)」のボトル缶入りアイスコーヒー「ボス ザ・アイスコーヒー」をコンビニエンスストアのサークルK・サンクス限定で、同年6月24日から数量限定にて発売すると発表した。価格は147円(税別)。360グラムボトル缶入り(【発表リリース:全国の「サークルK」「サンクス」限定 「ボス ザ・アイスコーヒー」数量限定発売】)。

↑ ボス ザ・アイスコーヒー
↑ ボス ザ・アイスコーヒー

渋めの味わいとそれをイメージさせるダンディな男性のイメージアイコンが特徴のコーヒーブランド「ボス」。今回登場する「ボス ザ・アイスコーヒー」は、その「ボス」のアイスコーヒー版。これから気温がグンと上昇し、汗をかきのどが渇きを覚える時に、ごくごくとのどを鳴らしながら飲むことが出来る、甘さ控えめのボトル缶入りコーヒー。アイスコーヒーに求められる味わいを追求すべく、コーヒー豆や焙煎方法、抽出方法にまでこだわりを見せる「ボス」のアイスコーヒーとしての決定版としての登場となる。名前にあえて「ザ」がついているのも、その自信の表れぶりともいえる。

中味にはアイスコーヒーに欠かせない酸味と苦味が特徴の、厳選されたアラビカ豆を100%使用。そして深煎を中心とした焙煎で、アイスコーヒーならではのしっかりとした苦味、そしてキレのある味わいを実現した。また暑い時に一定量を一気に飲み干すシーンが増えることを想定して、甘さを控えると共にミルクの厚みを持たせながらもべた付かない後味に仕上げている。

またパッケージも印象的なデザイン。銀色をベースとして冷たさを想起させ、さらに大量の氷にコーヒーをガッツリと注ぎ込んだイラストを描き、中身に詰まった商品そのものがヒンヤリとした冷たさで満ちあふれている印象を強烈にアピールしている。またラベリング的に「THE ICE COFFEE」という商品特性とブランドロゴを配し、その下にブランド名の「BOSS」を描くことで、シックな印象を覚えさせる。

普段から「ボス」ブランドを愛飲している人には見逃せない一品。またセンスのあるステキデザインなボトル缶は、飲み干した後も飾り置きし、そのビジュアルを楽しむことができるだろう。


■関連記事:
【「俺はもう地位もいらない」のサントリーボスが大奮闘(テレビCM出稿量動向:2010年3月分)】
【セブン×サントリー、初のダブルブランド缶コーヒー「ワールドセブンブレンド」登場】
【炭酸入り無糖コーヒー「ボス ブラックスパークリング」登場】
【セブン×サントリー、ダブルブランド缶コーヒーにボトル缶も登場】
【ファミマ限定・「ボス」の濃厚エスプレッソとカフェラテ登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー