大人のためのハイグレードなチョコボール「大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ>」「<濃い苺>」発売中

2014/06/21 11:00

大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ><濃い苺>森永製菓は2014年6月20日、同社のチョコレート菓子「チョコボール」シリーズの新商品として、大人向けに仕立てられたグレードの高いバージョン「大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ>」「同<濃い苺>」の2品目を同年6月10日から発売していると発表した。価格はそれぞれ146円(税別)。商品区分は「厳選ピーナッツ」がチョコレート菓子、「濃い苺」が準チョコレート(【発表リリース:大人市場拡大中?!大人のために贅沢に仕立てたチョコボール 大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ><濃い苺>新発売!】)。

↑ 左から 大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ>、同<濃い苺>
↑ 左から 大人に贅沢チョコボール<厳選ピーナッツ>、同<濃い苺>

チョコボールは1967年に発売を開始した、森永製菓のロングセラー商品。テレビCMやパッケージデザイン、当たったマークを送るともらえる「おもちゃのカンヅメ」、そしてイメージキャラクタのキョロちゃんなど、子供向けのイメージが強いのが特徴の一つ。今回登場する「大人に贅沢チョコボール」はその方針を一転し、大人のために品質やデザインにこだわりを見せ、ぜい沢を極めるべく開発されたシリーズ。説明にいわく「チョコボールの新しいターゲットを獲得することで、大人のチョコレート市場を盛り上げます」とのこと。

展開される種類は2タイプ。「厳選ピーナッツ」には旨味が強く希少種であるアメリカ産スパニッシュ種のピーナッツを使用。コーティングのチョコレートには甘さを控えたマイルドビターチョコを使うことで、おつまみにもマッチする。一方「濃い苺」は中央部にシャリッとした食感の薄い焼き菓子「フィヤンティーヌ(パイ生地などを薄く伸ばして焼いたお菓子)」を使い、従来の「チョコボール<いちご>」比で約4倍の量のいちごパウダーを使用。甘酸っぱく濃厚ないちごの香り、味わいが楽しめる。

パッケージデザインも従来の「チョコボール」から一転。黒を基調として背景色に用い、それぞれのイメージカラーである薄茶色と赤をフタの部分などにアクセントとして用いると共に、正面上部には味わいのベースとなるピーナッツといちごを大胆に配置。下部には商品名と商品そのもの、そしてその断面図を描きしるし、高級感のあるチョコレート的な雰囲気をかもしている。

↑ 6月10日からサークルKサンクスで開催されていたキョロちゃんファスナーマスコットプレゼントの森永エンゼルフェアでも同商品は展示されていた
↑ 6月10日からサークルKサンクスで開催されていたキョロちゃんファスナーマスコットプレゼントの森永エンゼルフェアでも同商品は展示されていた

どちらかといえば子供の方を向いていた「チョコボール」を、大人仕様に作り替えるという発想は非常に面白い。大人とてチョコボールが好きな人は少なくないが、そのパッケージなどから手に取りにくいという状況が有り得ることを考えると、今回商品はまさに願ったり叶ったりなものといえる。肝心の味わいだが、上記写真にある通りサークルKサンクスでの森永エンゼルフェアを機会に「<濃い苺>」を購入し実食した限りでは、いちごの濃厚な味わいが十分過ぎて、従来の「チョコボール<いちご>」とは一線どころか二線も三線も画した出来栄えに仕上がっていた。

普段からチョコボールを愛食している人には、是非一度トライし、それぞれの構成要素と、それらの調和による味わいの巧みさについて堪能してみてほしい一品に違いない。


■関連記事:
【キョロちゃんマスコットも限定プレゼント・ユニーグループで森永エンゼルフェア開催】
【キョロちゃんファスナーマスコット(サークルKサンクス)確保】
【これは斬新・和風きなこもちの味わいなチョコボールなど登場】
【これぞ大人のチョコボール? 宇治抹茶100%使用の「大人もチョコボール<濃い抹茶>」発売】
【ポテトなチョコボール!? ポテトスナック入りの「チョコボール<ポテト>」期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー