夏にさっぱりヒンヤリスープ・ファミマで冷製スープ2種類登場

2014/06/27 09:30

冷製スープファミリーマートは2014年6月26日、同社のプライベートブランド「FamilyMart collection」の新商品として、冷たい味わいを楽しむスープ「冷製スープ」2品目、「冷製ヴィシソワーズ」「冷製コーンスープ」を同年7月1日から北海道・沖縄県以外の同社店舗で発売すると発表した。価格は双方とも198円(税込)。「冷製コーンスープ」は数量限定。要冷蔵食品(【発表リリース:「FamilyMart collection」から夏の人気メニュー“冷製スープ”2種類が新登場!】)。

↑ 左から冷製ヴィシソワーズ、冷製コーンスープ
↑ 左から冷製ヴィシソワーズ、冷製コーンスープ

夏になると食欲が減退気味となることから、あっさりと口に含められるスープ、しかもひんやりとした食感が楽しめる冷製スープが人気を集めることになる。ところが冷製スープは調理に時間や手間がかかるのが難点。そこでファミリーマートでは器に注ぐだけで専門店が提供するような上品な味わいの冷製スープが、いつでも気軽に食せるように、スタンドパックタイプ(レトルト食品用の袋などでよく見かける、底に堅めの素材を折りこんだり閉じ方を工夫してふくらませ、自立できる形状にしたパッケージ)の商品として提供することとなった。

「冷製ヴィシソワーズ」とは冷たいポロネギ(西洋ねぎ)風味のじゃがいものポタージュの冷製スープ版。じゃがいもに加えてバターを用い、じゃがいもと玉ねぎの素材そのものの味わいを活かして仕上げている。一方「冷製コーンスープ」はコーンの甘味を存分に味わえる、なめらかな食感のコーンクリームスープ。スイートコーンやにんじん、玉ねぎなどを合わせ、素材ならではの味わいを活かして仕上げている。

双方とも要冷蔵商品のため、購入後は冷蔵庫に収め、少々小腹がすいたとき、あるいは食欲があまり出ないが何かお腹に収めねばならないような時に、さっくりと袋から取り出してスープ皿や大きめのカップに開けて、のど越しの良さと食感の妙を楽しみながらいただきたいものだ。特に後者の場合は、調理そのものも手掛ける気力が出てこないことが多いだけに、今件商品のような存在は誠にありがたいものとなるに違いない。


■関連記事:
【高機能フィルムで鮮度アップ・ファミマのカット野菜、新パッケージに切り替え】
【これを待っていたんだヨ・ファミマの冷凍焼き鳥に塩味登場】
【プラチナ感のポテトサラダとな!? ファミマのPBで「大人のポテトサラダ」登場】
【ファミマが海の家になったゾ・江の島に7月19日正式オープン】
【お手軽本格冷凍焼き鳥、ファミマの冷凍食品で発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー