さらに上行く「ラ王」登場、第一弾は辛さ勝負な「日清ラ王 Selection 激辛旨味噌」

2014/07/01 07:30

日清ラ王 Selection 激辛旨味噌日清食品は2014年6月30日、同社のカップ麺シリーズ「日清ラ王」の波及新シリーズとして「日清ラ王 Selection」の展開を開始、その第一弾として「日清ラ王 Selection 激辛旨味噌」を同年7月14日から発売すると発表した。価格は230円(税別)。内容量116グラム(麺75グラム)(【発表リリース:スープにこだわるワンランク上の新ラ王! 「日清ラ王 Selection 激辛旨味噌」 2014年7月14日(月)新発売】)。

↑ 日清ラ王 Selection 激辛旨味噌
↑ 日清ラ王 Selection 激辛旨味噌

「日清ラ王」は(現行シリーズは)2010年8月から発売を開始した高級志向のカップ麺。同社独自の技術を用いたノンフライ麺を用いているのが特徴で、その麺の旨味からカップ麺でありながらラーメンの王様的な味わいを楽しめるという意味合いがある。現在ではカップ麺タイプだけでなく袋麺シリーズも発売されている。またラーメンだけでなく冷し中華も展開している。

今回登場する「日清ラ王 Selection」シリーズは、「日清ラ王」の特徴でありキャッチコピーでもある「まるで、生めん。」のような麺の品質、ビジュアル的にも味わいとしてもアクセントを織り成している「厚切り焼豚」の食べ応えは維持しつつ、スープに季節感、時節の流行などのような「旬の味」を取り入れた、限定感のある味わいを有する、「ラ王」の選りすぐり的な存在。

その第一弾となる「激辛旨味噌」は、炒めたショウガとニンニクの風味を利かせ、辛味調味料で有名な豆板醤(とうばんじゃん)と赤トウガラシで仕上げた、激辛でかつ豆味噌の旨味・コクを堪能できるこだわりのスープに、つるみとコシ、もっちり食感が特徴の3層太ストレートノンフライ麺を採用。そして具材には「日清ラ王」ならではの厚切り焼豚、さらには青ネギ・白ネギ、唐辛子を加え、辛味をイメージさせる赤系統のスープに浮かぶ白と緑、そして真紅のアクセントとしている。

パッケージも基本デザインは従来の「ラ王」と変わらないものの、高級感をかもすような光沢感を覚える黄金色をベースに、辛味がじわりと伝わるような濃厚なスープを強く印象づけさせるビジュアルと成している。さらにレンゲでそのスープをすくうシーンを描き、スープの辛味・旨味こそがこの商品の最大のセールスポイントであることを想起させるものとしている。

麺の旨味や焼豚の歯ごたえの良さは従来の「ラ王」を知る者なら誰もがすぐに理解できる。コクがたっぷりな激辛スープがその麺に絡むことで、どのような一体感が味として形成され、口の中で広がっていくことになるのか。ビリビリとした辛味と旨味のアンサンブルに酔いしれてしまうかもしれない。辛味系の麺類を好む人には、要チェックな一品に違いない。


■関連記事:
【「まるで、生めん。」の冷やし中華始めました…日清食品から「日清ラ王 冷し中華」地域限定発売】
【これは斬新・日清ラ王カップめん、消費税対策で16%「値下げ」へ】
【「日清ラ王 袋麺屋」をその場で楽しめるスタンド、渋谷駅に期間限定登場】
【ラ王の冷やし中華、今年もはじめました…日清ラ王 冷やし中華 しょうゆだれ・ごまだれ発売へ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー