80年前の味が今よみがえる・三ツ矢クラシックサイダー PET500ml限定発売

2014/07/07 07:30

三ツ矢クラシックサイダー PET500mlアサヒ飲料は2014年7月4日、同社の炭酸飲料「三ツ矢サイダー」ブランドの生誕130周年企画の一環として、昭和初期に発売された「三ツ矢シャンペンサイダー」の味わいを復刻した「三ツ矢クラシックサイダー PET500ml」を同年7月29日から発売すると発表した。価格は140円(税別)。ペットボトル様式。具体的数量・期間は未定だが限定発売(【発表リリース:「三ツ矢サイダー」ブランド生誕130周年企画 昭和初期に発売された「三ツ矢シャンペンサイダー」の味を限定復刻!『三ツ矢クラシックサイダー PET500ml』7月29日(火)新発売!】)。

↑ 三ツ矢クラシックサイダー PET500ml
↑ 三ツ矢クラシックサイダー PET500ml

三ツ矢サイダーは1884年に「三ツ矢平野水」との名前で発売されてから今年で130周年を迎えるにあたり、多種多彩なイベント、企画商品の展開を行っている。今件商品もその一環で、中身は昭和10年頃に発売された「三ツ矢シャンペンサイダー」の味わいを再現している。説明によれば「サイダー」の語源であるリンゴ酒(シードル)を思わせる甘い個性的な香りに加え、砂糖によるしっかりとした甘みのある味わいを、「磨かれた水」「果実などから集めた香り」「非加熱製法」など現代の「三ツ矢サイダー」ブランドのこだわりの設計をベースに再現している。つまりは現代の技術で80年の時を超えた味覚を楽しめる次第。

容器は現在同シリーズで使われているペットボトルながらも、当時使用されていたビン容器をイメージすべく薄い青地をベースとし、通常の赤を基調とした「三ツ矢」では無く、モチーフとした「三ツ矢シャンペンサイダー」で使っていたラベルをイメージしたロゴを配し、スペシャルな雰囲気を創り出している。さらに下部には帯と共に「昭和初期の味を限定復刻」と書き連ねると共に、130周年のアイコンをビン容器に使われていた王冠を模して配し、雰囲気をさらにかきたてさせている。

【アサヒ飲料のデータベース】をひも解くと、「三ツ矢シャンペンサイダー」の生誕そのものはさらに過去にさかのぼり1909年とあり、今件の「三ツ矢シャンペンサイダー」は比較的(!)新しい版の味わいの再現だということが分かる。もっとも今回デザインとして参考にされたロゴデザインはその1909年に登録商標がなされ、1921年にリニューアルが実施され、1933年まで使われていたことも確認できる。

歴史観を覚えるデザインにレトロ感を覚えながら、昔の味わいをたしなむのも興味深いものがあるに違いない。


■関連記事:
【半世紀前の「三ツ矢サイダー」、味もデザインも再現して登場】
【開けた瞬間凍る不思議さ、三ツ矢サイダー新作「フリージングサイダー」セブン-イレブン1000店舗で先行発売】
【三ツ矢サイダー×ミツカンリンゴ酢、不思議で刺激的な酸っぱいコラボ炭酸発売】
【シュワシュワ感をクラッシュゼリーで再現・三ツ矢サイダーなゼリー、モンテールから期間限定発売】
【これは期待大・三ツ矢サイダーなアイスバーとアイスバーフロート、森永製菓からコラボ発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー