ファミマで野菜ましましなパスタサラダが食べられる時代、「野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン」登場

2014/07/08 07:00

野菜ましましパスタサラダスパイシーチキンファミリーマートは2014年7月7日、同社の惣菜シリーズの新商品として、野菜の量を通常の「ローストチキンのパスタサラダ」の約4倍以上に盛り込んだ「野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン」を同年7月8日から同社店舗(沖縄県除く)で発売すると発表した。価格398円(税込)(【発表リリース:夏におすすめ!通常の約4倍の野菜が入ったパスタサラダ 「野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン」を発売!! パスタサラダのお買い得セールも開催】)。

↑ 野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン
↑ 野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン

今回登場する「野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン」は元々夏になると人気を集めるパスタサラダにおいて、ボリューム感あふれる商品構成と成して、男性が単品で食事を完結できるランチメニューとしての提案を行う一品。野菜の量を既存の商品「ローストチキンのパスタサラダ」の4倍以上盛り込み、さらにスパイス感あふれる刺激的な味わいのチキンを盛り付けている。ドレッシングには野菜の旨味、パスタののど越しをさらに印象付けさせる和風玉ねぎドレッシングを添付している。

パスタメニューはその食感の良さやのど越しの軽快感、食した後のあっさり感などから、食欲が旺盛で無い時もつるりと食べ切ることができるため、夏バテを覚える、気温が高めな時にはありがたいメニューとして目に映るもの。またそのような状況の時には油っこいタイプのメニューよりも、サラダなどのあっさりとした具材が身体にも喜ばれるが、その観点ではパスタサラダはほぼベストの選択といえる。

今件登場する「野菜ましましパスタサラダスパイシーチキン」は、「これ一つで他に何も要らない」という選択肢としては、非常に嬉しい一品。しかも野菜が盛りだくさんであることから、野菜不足が気になる人にもポイントが高い。その野菜の多さを某ラーメンチェーン店の表現で有名になった「ましまし」をなぞらえるかのように商品名に用いたのは、その方面を見聞きしたことがある人には容易にボリューム感を想像させると共に、ニヤリとさせられる。

通常のパスタメニュー、パスタサラダでは「もう一品欲しいかな?」という微妙なボリューム感が悩みどころ。ちょっとした丼もの、お弁当並のどっさりとした分量を有する今商品なら、その心配もいらないだろう。


■関連記事:
【プラチナ感のポテトサラダとな!? ファミマのPBで「大人のポテトサラダ」登場】
【これはナルホド女性向け、牛丼小盛とサラダのセット「コモサラ」が吉野家で11月1日販売開始】
【洗わずそのまま食べられる「カット野菜 玉ねぎレタスサラダ」ローソンで発売】
【カワイイ動物みたいなスナック「どうぶっちょ」、サラダ味とコンソメ味で登場】
【たっぷり野菜と豚肉、そしてライ麦パンの素敵な組み合わせ…モスから「ごちそうサラダ『豚しゃぶ』パン付き」期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー