見た目もカッコイイ・ファミマ限定超冷え炭酸「極冷(ごくひえ)ボンベ」発売

2014/07/16 08:00

極冷ボンベサントリー食品インターナショナルは2014年7月15日、炭酸飲料の新作として「極冷ボンベ」を同年7月22日から発売すると発表した。価格140円(税別)。内容量490ミリリットル。リキャップ式ボトル缶タイプ。夏期限定発売。ファミリーマートのみの限定発売(【発表リリース:ファミリーマート限定「極冷(ごくひえ)ボンベ」夏季限定発売― 暑い夏にぴったりの、昔ながらの爽快ソーダ味炭酸飲料 ―】)。

↑ 極冷ボンベ
↑ 極冷ボンベ

今回登場する「極冷ボンベ」は、屋台街などで良く見かける、夏の風物詩的な昔ながらのラムネっぽいソーダ味を楽しめる、夏向けのすっきり感が強い炭酸飲料。キャッチコピーにも「キーンと爽快ソーダ味」とあり、夏の暑さで火照った体を冷やしてくれるようなのど越しが体感できる。

容器のデザインも極めて独創的。極限まで冷却され、冷倉庫に保管されているようなガスボンベをイメージ。本体にびっちりと霜が降りて商品ロゴにまで貼りつき、一部文字が隠れてしまうような情景を描き、さらにガスボンベを再現するためのメーターまで配されている(もちろん絵なので実働はしない)。手に取りきゅきゅきゅっと引き締まったような冷たさを実感しながらフタを開け、キーンとしたヒンヤリ感を身体に覚えることになる。

今件商品はコンビニのファミリーマート限定での商品となるが、同社では同日、「C.C.レモン 大人のビターレモン」を「サークルK」「サンクス」限定で発売すると発表している。昨今ではこの事例も含め、ちょっと奇を狙ったような新商品や既製シリーズのアレンジバージョンの飲料水やスイーツを特定のコンビニ限定で発売する事例が増えており、注目に値する動きといえる。販売ルートを限定することで、商品自身にはさらなるプレミアム感、コンビニ側には来店動機の積み増しという形で、双方にメリットが生じることになるため、発想としては十分に「アリ」な話。

ファミリーマートの店内奥手にあるドリンクケースの中に、「極冷ボンベ」がずらりと並ぶ様相は、見ているだけで冷たさを覚えさせるに違いない。不思議な情景に一瞬「おや?」と目を留め、注目を集めさせるという点でも、今件パッケージデザインは非常に優れたものといえよう。


■関連記事:
【BOSSのアイスコーヒーですと!? サークルKとサンクスだけの限定発売】
【セブン×サントリー、初のダブルブランド缶コーヒー「ワールドセブンブレンド」登場】
【セブン×サントリー、ダブルブランド缶コーヒーにボトル缶も登場】
【チョコっと刺激的な炭酸飲料はいかが? サントリーから「チョコレートスパークリング」登場】
【「はちみつレモン」サントリーから復活】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー