話題のアイスモナカ「DEPTH」に夏の味わいミントが仲間入り「DEPTH(デプス)チョコ&ミント」発売

2014/07/16 07:30

DEPTH(デプス)チョコ&ミント森永乳業は2014年7月15日、同社のアイスモナカブランド「DEPTH(デプス)」の新作として、「DEPTH(デプス)チョコ&ミント」を同年7月21日から発売すると発表した。価格は150円(税別)。内容量135ミリリットル。商品区分はアイスミルク。熱量285kcal/個(【発表リリース:「DEPTH(デプス) チョコ&ミント」7月21日(月)より新発売】)。

↑ DEPTH(デプス)チョコ&ミント
↑ DEPTH(デプス)チョコ&ミント

↑ DEPTH(デプス)チョコ&ミント 構造図
↑ DEPTH(デプス)チョコ&ミント 構造図

「DEPTH(デプス)」は男性をターゲットに据え2012年秋に誕生した、比較的新しいアイスモナカのブランド。色つきのモナカ皮、深みのある濃厚な味わいのアイスという組合せを基本設計と成し、さらに大胆な色使いのパッケージデザインを基調とすることで、その独特な商品コンセプトをアピールするビジュアルを示している。現在はミルクアイス&カフェモカソースと抹茶クランチの2種類が展開中。

今回登場する「チョコ&ミント」は夏に人気を集めるすっきり感の強いミントと、アイスクリームの具材としては定番中の定番であるチョコレートの組合せ。さわやかさでは群を抜く味わいのミントアイスの中に生チョコソースを納め、さらにミント風味のモナカ皮ではさんでいる。モナカ皮の内側にはセミスイートチョコをコーティングしており、複数の堅さ・食感が口に含むたびに同時に堪能できる。またモナカ皮は風味だけでなく色合いもミントっぽさを示しているため、見た目も普通のモナカアイスとはひと味違うのもポイントとなる。

パッケージデザインは他の「DEPTH(デプス)」シリーズと基本的には同一。食べかけをイメージするように商品名の頭文字「D」の一部を欠けさせ、食べ進めている瞬間をイメージさせると共に、背景色を一面にベタ塗りしてシンプルさと力強さをアピール。右側には真っ二つに割って中身の構造を見せる形で商品そのものを描いている。背景色の淡いエメラルドグリーン、商品そのものの薄い緑と合わせ、どこか神秘的な印象すら覚えさせる。

ミント系アイスは元々大人向けの味わいの定番の一つだが、そのすっきり感から特に夏には高い人気を誇ることになる。ガッツリとした味わいが自慢の「DEPTH(デプス)」シリーズに登場するミント味は、男性だけでなく多くのミント好きな人たちのハートをつかむに違いない。


■関連記事:
【いちごとれん乳、永遠の組合せをモナカに収めた「森永 れん乳いちごモナカ」期間限定発売】
【複数の味わいが刺激を深みに誘うチョコモナカアイス、「DEPTH(デプス)」の最新作として登場】
【抹茶尽くしの三重奏モナカ「DEPTH(デプス) 抹茶クランチ」5月19日発売】
【今年の抹茶ピノは宇治産碾茶で香り豊かに、6月16日から期間限定発売】
【クレしん映画とのコラボアイス「クレヨンしんちゃん チョコビアイス」期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー