これぞメロンなパンケーキ・茨城の魅力あふれるメロンパンケーキなど高校生との共同開発商品発売へ

2014/07/24 10:30

もちっとメロンパンケーキファミリーマートは2014年7月23日、同社の地域密着プロジェクト「ファミマものづくりアカデミー」の一環として、「第38回全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014」の生徒実行委員会と共同開発したメニュー「ほうれん草ベーコンチーズパン」「もちっとメロンパンケーキ」を、同年7月27日から関東地方を中心とした同社店舗で発売すると発表した。価格は双方とも138円(税込)(【発表リリース:第38回全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014生徒実行委員会の皆さんと共同開発した茨城の魅力溢れるパン2種類を発売!】)。

↑ 上から「ほうれん草ベーコンチーズパン」「もちっとメロンパンケーキ」
↑ 上から「ほうれん草ベーコンチーズパン」「もちっとメロンパンケーキ」

「ほうれん草ベーコンチーズパン」「もちっとメロンパンケーキ」ポスターイメージ「全国高等学校総合文化祭」とは芸術文化活動の祭典で、文化部のインターハイ的な存在。ファミリーマートでは「いばらき総文2014」を支援する形で商品の共同開発に当たっており、昨年10月にはプレ総合開会式に合わせて「スイートポテトとりんごのクッキーサンド」などのデザートを発売している。今回は本開催に連なる形で、生徒実行委員会のメンバーとの共同開発となるパン2種類の発売となった。

「ほうれん草ベーコンチーズパン」はライ麦粉入りのパン生地を用い、その生地でベーコンとチーズを包み込み、さらに彩りが豊かな茨城県産ほうれん草の入ったマヨネーズを合わせている。パッケージには大きく大会マスコットキャラクターの「ふれあちゃん」が描かれている。

「もちっとメロンパンケーキ」はもっりちとした食感を持つホットケーキ風の生地を用い、茨城県産アンデスメロン入りのクリームをはさんでいる。生地自身もメロン色で、全体がメロン一色に仕上げられており、「まさに、メロン」的な一品。こちらもやはりパッケージには大会マスコットキャラクターの「ふれあちゃん」が大きく描かれている。

いずれも茨城県産の産物がふんだんに用いられているが、特に「もちっとメロンパンケーキ」は昨今流行のパンケーキをベースとする一方、珍しい色合いのメロン色をしている。ある程度の味わいの予想は付くものの、第一印象の強烈さがポイントとなる。中身の具材を工夫したり、上部に色々なトッピングをかけるのは良く行われる見せ方、味付の仕方だが、生地全体にもメロンを想起させる装いにしたのは、発想の勝利といえる。

関東地方とその近辺のみの発売なのが惜しいラインアップだが、機会がある人はぜひ一度チェックを入れてほしいものだ。


■関連記事:
【世界で話題のミミにモッツアレラチーズ入り…新食感「チーズンロール」ドミノ・ピザで発売開始】
【デニーズから2種類のハワイアンパンケーキ「リリコイパンケーキ」「マカデミアナッツパンケーキ」登場】
【どんな味だろう? パンケーキとチーズプリンが一つになってディズニーパッケージで登場・メイトーブランドから期間限定発売】
【「厚焼きパンケーキ」などレンジで温めて食するホットメニュー3品、ローソンで発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー