容量1.6倍のダイナミックコーヒー・「俺の コーヒー」ファミマから登場

2014/07/26 08:00

俺の コーヒーファミリマートは2014年7月24日、同社の飲食品ブランド「俺の」シリーズでは初となる飲料カテゴリーにおいて「俺の コーヒー」を同年7月29日から同社店舗で発売すると発表した。価格198円(税込)。内容量400グラム(【発表リリース:黒い、苦い、大容量の3拍子が揃った「俺の コーヒー」を発売!】)。

↑ 俺の コーヒー
↑ 俺の コーヒー

「俺の」シリーズとはスイーツ群など普段は女性向けに展開されがちな食品について、男性にも手にとって欲しいとの発想から展開されているブランド。ブランド名そのものが男性向けであることをアピールすると共に、パッケージのデザインや色合いも概して黒をメインとしてスタイリッシュかつシンプルにまとめており、質実剛健的な印象が特徴。内容も甘さを控えめとする一方でボリューム感あふれたものが多く、男性の「量を求める」との需要にマッチした商品構成となっている。この分量の多さやシンプルさは男性だけでなく、知人などと分け合って食べられるところが受け、女性陣にも注目を集める結果となった。

今回登場する「俺の コーヒー」は、深煎り豆を使うことでコーヒーそのものの自己主張を高めつつ、苦味を一層深めたのと共に、見た目も黒く仕立てている。パッケージデザインは通常のコーヒー系飲料のチルドカップと同じだが、サイズを通常のカップの1.6倍ほどにあたる400グラムとし、「俺の」シリーズ共通のダイナミックさをアピールしている。通常のチルドカップの分量では一気に飲み干してしまい物足りなさを覚える人でも、これならノープロブレムな次第。

「俺の」シリーズでは現在コーヒーに合いそうなスイーツ群としては「俺の 生どら焼 つぶあん&ホイップクリーム」や「俺の ワッフルケーキほろにがコーヒー」などが発売中。共に買い揃えておやつ時にいただくと、通常のデザートとは一回りも二回りもビッグなサイズの品々に、「自分が少し縮んだのでは?」との錯覚すら覚えるかもしれない。特に今件「俺の コーヒー」は通常のチルドカップと同じデザインをしていることから、通常版のコーヒーと並べ置くと、その大きさを再確認できることだろう。

先日【ファミマ限定スペシャルでオリジナルなエスプレッソの「ボス」3種類登場】でファミリーマートは「コーヒーで群を抜く、あらゆる品が揃ったコンビニ」を目指しているのかも、という主旨の話をした。今件「俺の コーヒー」を見ると、あながち本気なのかもしれないと思えるようになってきたのは、当方だけではあるまい。


■関連記事:
【デケェぜ重さは420グラムな丼プリン・ファミマの「俺の」から丼プリンとチョコシフォン登場】
【草団子でも巨大版・ファミマの「俺の」シリーズ最新作は「俺の草団子」】
【クールでビッグな4ラインアップ・ファミマの「俺の」シリーズで生どら焼きやプリン&バニラパフェなど登場】
【ビッグなパフェは男のロマン、ファミマの「俺の」シリーズから「俺の チョコ&バニラパフェ」数量限定展開】
【2倍のかき揚げが迫る・「俺のかき揚げうどん」ファミマから発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー