100円マックに対抗!? バーガーキングで100円からのサイドメニュー「BK POCKET 100」発売へ

2014/07/28 12:35

BK POCKET 100バーガーキング・ジャパンは2014年7月28日、同社運営のバーガーキングにおいて新メニューとして、100円(税込)からの低価格メニューシリーズ「BK POCKET100」(BK ポケット100)を同年8月1日から発売すると発表した。種類は「BKテンダーズ(3ピース)」「BKチーズビッツ(4ピース)」「BKソフト」「ハッシュブラウン」が100円、「BK ホットドッグクラシック」「BK フロート」が150円。関空エアロプラザ店以外での発売(【発表リリース:バーガーキング、人気商品を100円で味わえる「BK POCKET 100」を発売】)。

↑ 「BK POCKET100」公知ポスターイメージ
↑ 「BK POCKET100」公知ポスターイメージ

↑ 「BK POCKET100」ラインアップ(価格はすべて税込)
↑ 「BK POCKET100」ラインアップ(価格はすべて税込)

↑ 「BK POCKET100」ラインアップ(価格はすべて税込)
今回登場するのは主にサイドメニューとしてお馴染みのメニュー陣。セットメニューに加えることで物足りなさを覚える時の補完メニューとして、あるいは単品で注文して軽食代わりに食するなど、さまざまな利用スタイルで活用できるラインアップが用意されている。

100円のメニューはサクサク食感がうれしい「ハッシュブラウン」、スパイスで優しく下味をつけたチキンを肉汁感あふれるままに揚げた「BK テンダーズ(3ピース)」、ハッシュドポテトにコクのあるチーズを練りこんで丸く仕上げた「BK チーズビッツ」、そして暑い季節にぴったりの濃厚な味わいが冷たさと共に楽しめる「BK ソフト」の4種類。一方150円メニューでは今年の2月の発売以降好評展開中の「BK ホットドッグクラシック」、ソフトドリンクに濃厚なソフトクリームをのせた、異なる食感と冷たさ、そしてソフトとドリンクの混じり合う様が嬉しい「BK フロート」各種、合わせて2種類が展開される。

今回の「BK POCKET100」シリーズはいずれも既存商品の値下げ。サイズ変更のあるなしは記述されていないが、数量の限りでは現行ラインアップと同じで、価格が大きく引き下げられたことになる。単品で注文してちょっと小腹がすいた時の頼りになる一品として、あるいはメインメニューとなるハンバーガーやそのセットにプラスして量を調整する時にはありがたい存在となるに違いない。

バーガー系ファストフードでこのタイプの「安価なサイドメニュー」としては、最大手のマクドナルドにおくる「100円マック」が知られている。さすがに「ハンバーガー」「チキンクリスプ」のようなバーガー系の100円・150円での展開はないものの、150円での「BK ホットドッグクラシック」、そして「BKソフト」の100円はポイントが高い。このバーガーキングによるサイドメニュー攻勢が同社への客足にどれほどの影響を及ぼすのか、そして同業他社の動向もあわせ、今後の展開が気になるところだ。


■関連記事:
【100円マックは日本だけではなかった】
【チキンマックナゲット100円セール、本日から12月5日までの期間限定でスタート】
【マクドナルドで低価格商品の価格改定と「バリューピックス」メニューの導入】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー