お手軽ワンハンドで吸って食べるアイス「クーリッシュ」にベルギーチョコ発売

2014/07/30 09:30

クーリッシュ ベルギーチョコロッテは2014年7月29日、同社のパック入りアイスクリームシリーズ「クーリッシュ」の新作として、「クーリッシュ ベルギーチョコ」を同年8月11日から発売すると発表した。価格は120円前後(税別)。内容量140ミリリットル。商品区分はラクトアイス(【発表リリース:ロッテアイス、「クーリッシュ ベルギーチョコ」と「あこがれの濃いカルピス アイスバー」を発売】)。

↑ クーリッシュ ベルギーチョコ
↑ クーリッシュ ベルギーチョコ

クーリッシュはアルミパック入りゼリー飲料のような容器にアイスクリームを納めたシリーズで、ゼリー飲料のように吸って飲めるのが最大の特徴。独特の柔らかさ、舌触りと、ワンハンドで持ち運べ、スティックタイプのようにこぼれ落ちたり手を汚すリスク無く食することができる、オシャレでリフレッシュ感が楽しめるアイス。バニラとクッキーバニラが定番の味わいとして用意されており、季節に合わせて多様な味が追加的に展開される(現在は白桃が追加発売されている)。

今回登場するのはベルギー産チョコレートを用いて、ほろ苦いカカオの香りが楽しめる、本格的なチョコアイス「ベルギーチョコ」。チョコ好きな人にはたまらない魅力を有することになる。発売期間はリリースでは明記されていないが、「夏のアイスならではの」「秋に向けて」と表記されていることから、少なくとも夏季期間は販売を継続するものと考えられる。

パッケージデザインは他の「クーリッシュ」のビジュアルを基本的に踏襲したものだが、ベルギーチョコの濃厚さをアピールするため、背景にもとろけた状態のチョコレートを描き、さらに前面には砕けた固まりのベルギーチョコを配し、全身でチョコレート感を演出している。また右上にはベルギーチョコをアピールするためのアイコンも配し、その品質をプッシュしている。

「クーリッシュ」という名前は元々クールでスタイリッシュな食し方が出来るという、食べ方からつけられた名前。ワンハンドで気軽に、しかもこぼしたり手を汚すことなく食べられる、ハイグレードなチョコアイスとして、大いに愛される存在となるに違いない。


■関連記事:
【「ひとくちめから やわらか新食感」歯につきにくいキャラメル「アーモンドグリコ<ソフトタイプ>」登場】
【あんと抹茶の素敵な巡り会い…和風クッキーサンドアイス「和日和-わびより-」発売】
【パステル監修「クッキーシューアイス なめらかプリン味」協同乳業からコンビニ限定発売】
【アルミパック入りゼリー飲料、認知も飲まれ方も一番はいつも見かけるアノ商品】
【シャッキリ飲み干すアイス「クーリッシュ」に新作クッキー&バニラ登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー