「マリオカート8」にメルセデスの最新モデル「GLA」など3車が登場、8月27日から無料でダウンロード可能に

2014/08/07 08:00

メルセデス・ベンツ日本、任天堂とのコラボ・マリオカート8メルセデス・ベンツ日本は2014年8月6日、任天堂との共同開発企画として、任天堂の据え置き型ゲーム機Wii U用として発売されているカートゲーム『マリオカート8』用のカートデータに、同社の3車種「W25 シルバーアロー」「300 SL ロードスター」「GLA」が加わると発表した。同年8月27日から無料でのダウンロードが可能となる。またインターネット接続を果たすことで「Mercedes Cup」に参加することもできる(【発表リリース:メルセデスが任天堂の最新機Wii U^(TM) ゲームソフト『マリオカート8』に登場】)。

↑ 左から「300 SL ロードスター」カート、「GLA」カート、「W25 シルバーアロー」カート
↑ 左から「300 SL ロードスター」カート、「GLA」カート、「W25 シルバーアロー」カート



↑ ベンツが登場するマリオカート8映像(公式)。
↑ ベンツが登場するマリオカート8映像(公式)。【直接リンクはこちら:マリオカート8 メルセデス・ベンツ コラボレーションカート 紹介映像場】

『マリオカート8』は2014年5月29日に発売された、任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii U」用のカートレースゲーム。マリオやルイージなど任天堂ではお馴染みのキャラクター達がカートを駆り、独創的なギミックでライバルのカートを出しぬき、多彩なトラップを乗り越え、スピードを競い合う。

今回はメルセデス・ベンツ日本が任天堂とのコラボレーションを果たすことにより、この『マリオカート8』上にメルセデスの数々の名車が登場することになった。2014年8月27日以降、「W25 シルバーアロー」「300 SL ロードスター」「GLA」3台のカートデータが無料でインターネット経由にてダウンロードができるようになり、オリジナルのインターネット大会「Mercedes Cup」(【メルセデスカート、大会概要】)への参加もできるようになる(大会は9月23日までの開催)。

「W25 シルバーアロー」は自動車のアイコン的存在で1930年代の伝説のレーシングカー。銀色のアルミボディーが特徴的で「シルバーアロー」と名付けられている。「300 SL ロードスター」は50年代に活躍した車両。現在は最も高価で美しい、羨望のまなざしを集めるクラシックカーと言われている。そして「GLA」はメルセデスの新世代コンパクトカーにおける最新モデル。都会での走行からオフロード、高速道路にいたるまで、オールラウンドな走行性能を備えている。

そのリアルな造形とベンツの自己主張的アイコンでもあるマーク、そして実車両同様の芸術的なまでのフォルムを持つ車両がマリオやルイージ、ピーチ姫などの手によって操られ、コース内を爆走するその姿を見ると、各車両のファンは腰が砕けそうなほどの歓喜を覚えさせられる。また各車両の細部を見聞きしていない、特段のファンでない人も、実車同様のスタイリッシュなその姿に、見惚れてしまうことだろう。

「マリオカート」シリーズでも数々のカートのデータを提供する機会はあったが、このような形で実車両のデータを提供し、さらにキャンペーン的な大会も展開されるのは珍しい。より楽しいカートレースが楽しめるだけに、プレイヤーには嬉しい話に違いない。


■関連記事:
【「むしろこちらが気になる」心理を巧みに突いたプロモーション】
【「死の使い」さえ鼻であしらう、自動車のブレーキアシストシステムのCM】
【居眠り防止装置の宣伝をヒツジさんと共に】
【読者をテストドライバーにするAR(拡張現実)の広告】


(C)Nintendo

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー