新作フルーツパフェは皮ごとぶどう・ミニストップから登場

2014/08/08 08:00

まるごとぶどうパフェミニストップは2014年8月7日、同社の2014年版フルーツパフェシリーズの第4弾として、皮ごと食べる種無しの品種のぶどうを使った「まるごとぶどうパフェ」を同年8月15日以降順次、同社店舗で発売すると発表した。22日には全店舗での発売。価格は320円(税込)。熱量172kcal(【発表リリース:皮があるからおいしさ倍増。 ぶどうのおいしさを堪能する「まるごとぶどうパフェ」 構想8年を経て、8/15(金)より順次発売開始 おとな時間を演出。皮ごとおいしい、ぶどう尽くしパフェ】)。

↑ まるごとぶどうパフェ
↑ まるごとぶどうパフェ

ミニストップでは定期的にフルーツのみずみずしさをとことん楽しめるフルーツパフェを発売している。今年もすでに「マンゴーパフェ」「メロンパフェ」「ピーチパフェ」を発売しており、今回の「まるごとぶどうパフェ」が第4弾の商品となる。またパフェそのものは2000年からのと発売だが、今回はじめて「ぶどう」を用いることになる。

今件パフェでは深い味わいが特徴のチリ産「クリムゾン種」という、中身はもちろん皮まで食べられる種無し品種を採用。皮ごと食べることでぶどうの美味しさや風味まで、パリッとした食感とみずみずしさのアンサンブルを存分に堪能できる。

ぶどうは容器の下層、そして上部に飾り付けられるように並んでいるが、1粒1粒サイズや色合いが微妙に異なり、それが自然のうま味を想起させる。中央に大きく盛り立てられたソフトクリーム・バニラと共に粒単位でスプーンを使ってすくい取り、口の中に収めることによって、ぷりっとしたぶどうの皮とみずみずしさを誇る中の果実、そして優しく冷たい甘みのソフトクリームが一体化し、ステキな食感と旨味が広がっていく。単なるぶどう系アイスを食するよりも食感の面白さ、そしてさまざまな比率で組み合わさるぶどうとバニラの味わいに、心の奥底までフルーツ感のとりこになってしまう。

ぶどうを皮ごと、しかもこれだけ大量にスイーツはあまり見かける機会は無い。これまでのフルーツパフェが単に果物の名前を冠しているの対し、今件では「まるごと」とわざわざ強調しているのも理解と納得ができるというものだ。


■関連記事:
【カワイイ顔のパンプキンパフェなどハロウィン用スイーツ、ミニストップから登場】
【ビリッとカラくて黒いヤツ・「ジューシーチキン 黒辛」ミニストップから発売】
【これはヤバイ・「とりかわチップス」ミニストップから登場】
【あざやかな彩りにうっとり・春の訪れをパフェで楽しむ「ベリーヨーグルトパフェ」、ミニストップから発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー