レモンで炭酸な大人のドリンク「フレスカ レモン」がセブン&アイ限定で発売

2014/08/19 07:30

フレスカ レモン日本コラ・コーラとセブン&アイ・ホールディングスは2014年8月18日、1966年にアメリカで誕生した炭酸飲料ブランド「FRESCA(フレスカ)」から、レモンの炭酸水「FRESCA LEMON(フレスカ レモン)」を同年8月19日より、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンなどのセブン&アイの各店舗で限定製品として発売すると発表した。価格は140円(税別)。内容量490ミリリットル。熱量13kcal(100ミリリットル当たり)(【発表リリース:厳選レモンのドライな味わい「FRESCA LEMON(フレスカ レモン)」8月19日(火)よりセブン&アイ・ホールディングスにて限定発売】)。

↑ フレスカ レモン
↑ フレスカ レモン

今回登場する「FRESCA LEMON(フレスカ レモン)」は厳選したこだわりのレモン果汁を使った、カロリーオフ(100ミリリットルあたりあたり20kcal以下)のレモン炭酸飲料。レモン果実に由来するさわやかな酸味、そしてすっきりとした甘みが楽しめる、大人向けのドライな味わいが特徴。昨今では30代向けの大人をターゲットにした炭酸飲料水(エナジードリンクもその一種)が次々に登場し、独自の市場すら形成されつつある。今商品はその市場に向けて放たれた、新しいレモンな炭酸飲料となる。

パッケージには「大人向け」で「レモン」な味わいをイメージするために、単純な黄色ではなくイエローゴールドを背景色として用い、中央部分にはリッチな模様を用いた楕円形のデザイン、そしてその中に大きな商品名と手描き風のレモンそのもの、そして炭酸の泡を描き、シックで上品なイメージをかもさせている。落ち着いた、そしてどこか上品さを覚える印象が、特にアピールしたい世代を想起させる。

昨今ではセブン&アイグループにおいて、日本では手に入りにくい海外の飲料水や、有名ブランドのオリジナル飲料などを続々と限定商品として展開している。コンビニの奥にあるガラス扉付き冷蔵棚にずらりと並ぶ飲料は見ているだけでさわやかさを覚えるが、得てしてどのコンビニでも見た目はあまり変わらず、独自性が見られないために、目的意識が無いとスルーされがち、目を留めてもらえない状態なのも否めない。セブンでは独自性の高い、そして注目を集めそうな飲料を次々と導入して展開することによって、他社との違いを強調し、飲料全体に目を向けてもらう事をも模索しているのかもしれない。

ともあれ、これから残暑の時期に入り、じわりと汗ばむ機会が多くなる。すかっとしたさわやかさと刺激的な炭酸、レモン独特の酸味を、新たなブランドで楽しむのも一興というものだ。


■関連記事:
【セブン-イレブン限定・チョコ尽くしな「ビスコ<ダブルチョコ>」「コロン<ダブルチョコ>」発売開始】
【伊藤園と共同開発・600万本限定、セブン&アイから「セブンゴールド 京都宇治玉露 金の緑茶」発売】
【セブン限定ダブルなグレープフルーツのガリガリ君「フルーツなガリガリ君とびだせ!Wグレープフルーツ味」7月15日から発売】
【今度はメロン味ですと!? セブン-イレブン限定ジャイアントカプリコ メロン登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー