ミルクと濃いチーズでコンボ状態・MOW(モウ)の新商品は「濃厚チーズ」

2014/09/04 08:00

MOW(モウ)濃厚チーズ森永乳業は2014年9月3日、同社のカップアイスクリームシリーズMOW(モウ)の新作として、「MOW(モウ)濃厚チーズ」を同年9月上旬から発売すると発表した。価格は120円(税別)。内容量150ミリリットル。熱量234kcal。乳化剤、安定剤不使用(【発表リリース:チーズの風味がさらに濃厚になった「MOW(モウ)濃厚チーズ」を発売】)。

↑ MOW(モウ)濃厚チーズ
↑ MOW(モウ)濃厚チーズ

「MOW(モウ)」は北海道産乳原料や、ミルクと相性が良いバニラフレーバーを使った、濃厚なミルク感を楽しめるアイスクリーム。アイスが入ったカップをカバーで挟み、ちょっとしたオシャレな体裁を成している。定番のラインアップに加えて多種多様な味わいが展開されることでも知られている。

今回登場する「濃厚チーズ」は既存ラインアップの「クリーミーチーズ」のアップグレード版的なリニューアル品。北海道産のマスカルポーネとカマンベールチーズパウダーを用いることで、これまで以上にコクのあるチーズの風味を楽しめることとなった。無論他の「MOW(モウ)」同様、熱によるダメージを極力抑えた製法で作られており、なめらかな舌触りを楽しめることに違いはない。今リニューアルに当たってはコクのアップをダイレクトに伝えるため、商品名に「濃厚」という言葉を用いることにした。

パッケージデザインも基本的には「クリーミーチーズ」のものを踏襲しているが、右上の「NEW」のマーキングには「濃厚さアップ」のアピールポイントを書き連ね、右下の部分にはチーズ(カマンベールチーズ?)のビジュアルを新たに配して、濃厚なチーズ感をアピールしている。

「濃厚チーズ」の展開に合わせ、9月24日までの水曜日限定で、東京渋谷区道玄坂にある「森の図書館」で「濃厚チーズ」のサンプリングキャンペーンを実施している。数量限定とのことだが、機会があれば足を運んでみるのも良さそうだ。静かに読書を楽しみながら、新しい味わいを堪能し、リッチなひと時を過ごす機会が得られるかもしれない。


■関連記事:
【チョコアイスにチョコっと言葉を添えて…ピノやチェリオなどで「チョ言葉」付き新味、期間限定発売】
【風味豊かなマスクメロンが「いやし」効果を・MOW(モウ) マスクメロン期間限定発売】
【ステキな組み合わせ★ 森永乳業と森永製菓がコラボして生まれたココアなプリン、期間限定発売】
【寒天でヘルシータイプなゼリーです・エスプレッソコーヒーゼリー、森永乳業から発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー