ジバニャンなキャラメルコーン、9月29日から発売

2014/09/04 13:20

妖怪ウォッチキャラメルコーン ぜっぴん牛乳味バンダイは2014年9月4日までに、「妖怪ウォッチ」に登場する妖怪のジバニャン、コマさん、ロボニャンをそれぞれ模したパッケージによる東ハトのキャラメルコーン「妖怪ウォッチキャラメルコーン ぜっぴん牛乳味」を同年9月29日から発売することを明らかにした。価格はオープン価格。内容量60グラム(【発表ページ:妖怪ウォッチキャラメルコーン ぜっぴん牛乳味】)。

↑ 上段はジバニャン、下段は左からコマさん、ロボニャンのパッケージな妖怪ウォッチキャラメルコーン
↑ 上段はジバニャン、下段は左からコマさん、ロボニャンのパッケージな妖怪ウォッチキャラメルコーン

キャラメルコーンはとうもろこしを原材料とするパフ系スナック菓子。キャラメルでコーティングしてあるところから、絶妙な甘みと食感を楽しめるのがポイント。口直しのために塩味のピーナッツが同梱されており、これがさらに甘みを引きたてる役割を果たしている。またパッケージが平坦であることを活かし、多種多様なデザインを施してイベント性のある商品展開をしたり、キャラクター色の強い限定商品を発売し、そのデザインの切り口でも注目を集めている。

今回登場するのは「妖怪ウォッチ」に登場する数々の妖怪たちの中でも、特に人気の高いジバニャン、コマさん、ロボニャンをデザインしたもの。それぞれの妖怪の基本色である赤、白、薄い藍色をベースとし、一目でそれぞれの妖怪であることが分かるようなビジュアルとして形成されている。味わいは全種類「ぜっぴん牛乳味」だが、これは作中に登場する「ぜっぴん牛乳」で作ったという設定のもので、実際にはミルク味だと思われる。メインターゲットが子供であることを考えると、ジャストミートな味といえよう。

パッケージデザインもよく見ると、それぞれのキャラクタの右上に「とまらないおいしさニャン!」「とまらないおいしさズラ!」「とまらないおいしさなのだ!」と書かれており、それぞれの妖怪たちが中身を推奨しているかのようなセリフを語っているのが分かる。

キャラメルコーンのデザイン的なパッケージは、その商品が発売されると展示棚にずらりと並ぶ爽快感を味わうことができる。今商品は特にカラーリングが巧みでそれぞれの妖怪に良く合った色合いをしているのに加え、特徴をよくとらえた描かれ方がされており、一目でそれぞれの妖怪であることが分かる。これらが並ぶ様相を見るに、子供達が大いにはしゃぐ様子が目に浮かぶようである。発売が楽しみな人も多いに違いない。


■関連記事:
【ジバニャンが大好きなチョコバーが商品化・バンダイから「ジバニャンのチョコボー」発売】
【永谷園から妖怪ウォッチなふりかけとカレー登場、シールも付いてくるヨ】
【妖怪ウォッチが初の一番くじ登場・「一番くじぷち 妖怪ウォッチ」8月上旬から展開】
【「妖怪ウォッチ」はなぜ子供達に受け入れられたのか(上)…メディアミックス編】
【今年は3倍サイズ、目・鼻・口だけでアレと分かるキャラメルコーンの限定パッケージ、川崎のぼる・ゆでたまご・ちばてつや先生デザインにて登場】


(C)L5/YWP・TX

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー