ローソン、オリジナルデザートを新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」に統一

2009/09/16 08:05

「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」イメージ[ローソン(2651)]は2009年9月15日、オリジナルデザートの新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」を同年9月29日に立ち上げると発表した。同社のオリジナルデザートを新ブランドに統一し、若年女性層に向けた商品展開をも行っていく(【発表リリース】)。

ブランドのロゴと、専用のお持ち帰りバッグ。本物の菓子専門店のようだ。
ブランドのロゴと、専用のお持ち帰りバッグ。本物の菓子専門店のようだ。

ローソンのオリジナルデザートは、年間約1億5千万個販売される人気商品。近年特に夜間(21-24時)の販売が伸びており、3年以上前年同月比を更新し続けているという。さらにローソンの顧客調査によると、20-30代の女性は仕事や子育てで忙しい中、夕方から夜にかけてデザートを食していることが明らかになった。

そこでローソン側では「自宅や職場で、本格的なおいしさと、カフェでのリラックスした時間を手軽に楽んでもらいたい」と考え、『いつでも、おうちがカフェになる。』をコンセプトにしたデザート作りを推し進め、「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」のブランドを立ち上げたとのこと。現在ローソンのデザートを購入するお客の約6割が男性だが、新ブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」では、より幅広いお客に楽しんでもらうため、デザートへの関心が高い20代-30代の女性に向け、コンセプトや商品の開発を行っている。

今後は次の3つのラインを設け、それぞれの視点から開発を進めるとのこと。

・「プレミアムライン」……女性向け、食材から見直した「驚きのデザート」(「プレミアムロールケーキ」など)
・「ベーシックライン」……すべての方向け、いつでもある手ごろな「定番デザート」(「シュークリーム」「エクレア」など)
・「バラエティライン」……洋菓子店のように選べる楽しさを提供(「カップデザート」「パフェ」「家族用デザート」など)

【「こんなスイーツ買ってみたい!」コンビニスイーツの魅力はどこに!?】でも触れているが、コンビニに来訪する女性においては、スイーツの「ブランド」には目が無い傾向がある。単純にスイーツを単品で販売するよりも、独自のおしゃれなブランドとして包括して展開した方が、彼女たちのニーズにかなうという判断もあるのだろう。

いわゆる「タスポ特需」も一巡し、お客の引き留め策に各コンビニとも必死になっているのが実情。ローソンの甘い「スイーツ戦略」で若年女性層のハートをつかみ、彼女たちの来場を増やすことはできるだろうか。注目したいところだ。


■試食記事:
【ローソンの「プレミアムロールケーキ」】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー