はじめてのホット・「桃の天然水HOT」9月22日発売

2014/09/13 09:00

桃の天然水HOTJTは2014年9月11日、同社の飲料水シリーズ「桃の天然水」の最新作として、初のホット飲料となる「桃の天然水HOT」を同年9月22日から発売すると発表した。価格は120円(税別)。内容量275ミリリットル(ペットボルト)(【発表リリース:桃の天然水シリーズから初のホット飲料!「桃の天然水HOT」9月22日より全国で新発売】)。

↑ 桃の天然水HOT
↑ 桃の天然水HOT

「桃の天然水」とは1996年に発売を開始した、桃のみずみずしさを味わえる清涼飲料水。桃の透明果汁と天然水で仕上げており、凍らせても美味しくいただけるのがポイント。パッケージも桃をイメージできるように、やや濃いめのピンク色を基調色としたデザインとしており、ぱっと見でも同シリーズ商品であることが分かるのが特徴。現在はさまざまなサイズのボトル・缶版やスパークリング(炭酸)タイプ、ライト、ソルト版などが発売されている。

今回登場する「桃の天然水HOT」は、同シリーズでは初となるホット飲料としての展開。これから秋、そして冬を迎えるにあたり、桃の優しい香りと甘さを、言葉通り「ほっと」リラックスしながら楽しめるようにとの考えて開発されている。この飲用状況に合わせるため、桃の優しい香りや甘さを引きたてるよう、甘さそのものはひかえめにしてある。さらに1本あたり桃1個分に相当する食物繊維(1.66グラム)を配合しており、何かと気になる食物繊維を補うこともできる。

パッケージデザインは他のシリーズ同様桃を描いているものの、大きなキャンパスの地にのびのびとしたタッチで描いたような桃を背景とし、その上に商品名を大きく描いた「タグ」を添えたようなビジュアルとし、自然味あふれるものとしている。また特徴の一つである「桃一個分の食物繊維」を緑色のアイコンマークで描き、より目立つような形と成している。

桃の天然水シリーズを好む人には「そういえば、今までホットタイプが無かったのは不思議だな」と思った人も少なくあるまい。今回は初の登場で、「ぬるくなってもおいしく」とあり、柔軟性の高い旨味が楽しめそう。ファンの人は発売が楽しみに違いない。


■関連記事:
【JR自販機の美味しいボトル、「福島あかつき 桃」「ゆずみかん」発売】
【オシャレな容器もポイント、エキナカ自販機限定・ミルクたっぷりな「おいしいカフェオレ」発売】
【強炭酸が刺激的・エナジー系コーラ飲料「COLA SHOCK+」など、JTから登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー