クリームソーダを三ツ矢サイダーで!? 「三ツ矢クリームサイダー」参上

2014/09/17 09:20

三ツ矢クリームサイダーアサヒ飲料は2014年9月16日、同社の炭酸飲料「三ツ矢サイダー」シリーズの新作として、喫茶店などでの定番メニューの一つ「クリームソーダ」の味わいをイメージした「三ツ矢クリームサイダー」を同年10月7にちから発売すると発表した。500ミリリットルベッドボトルと1.5リットルペットボトルの2タイプ。価格はそれぞれ140円・320円(税別)(【発表リリース:とけあう「やさしさ」と「爽やかさ」『三ツ矢クリームサイダー』10月7日(火)新発売!】)。

↑ 三ツ矢クリームサイダー
↑ 三ツ矢クリームサイダー

今回登場する「三ツ矢クリームサイダー」は、喫茶店、カフェなどで定番の、ガラスケースに入った見本品には必ず収められているクリームソーダ(とりわけメロンクリームソーダが多い)の味わいを三ツ矢サイダーで再現したもの。三ツ矢サイダーにアイスクリームを溶け合せた味わいを目指し、ベースとなる三ツ矢サイダーに北海道産の練乳とバニラフレーバーを加え、クリーム感にあふれる、そしてすっきりとした味わいに仕立てられている。三ツ矢サイダーの他のシリーズ同様、保存料は用いていない。

商品名はダイレクトに「三ツ矢サイダー」で「クリームソーダ」を作ったことが分かるような名前とし、パッケージにもその発想をそのまま活かしたデザインが用いられている。すなわちクリームソーダが持ち合わせるバニラアイスの白と、三ツ矢サイダーのイメージ色である緑を使い、シンプルな形としている。また乳性炭酸飲料であることも容易に想起できるように、緑色のベタ塗りの部分には白抜きで泡を描いて炭酸の様相を示している。

クリームソーダはバニラアイスとソーダそれぞれ異なる食感で涼を楽しめる面白さと共に、バニラアイスがソーダに溶けて白っぽいソーダアイス的なものとなった部分の旨みがポイント。今件「三ツ矢クリームサイダー」はいわば、その「一番おいしいところ」がぎっしりと詰まったようなものともいえる。三ツ矢サイダーならではの独特なすっきり感で、どのようなクリーミーなさわやかさが成し得られているのだろうか。


■関連記事:
【開けた瞬間凍る不思議さ、三ツ矢サイダー新作「フリージングサイダー」セブン-イレブン1000店舗で先行発売】
【さわやかなグレープフルーツ味をあの三ツ矢サイダーで・「三ツ矢フルーツサイダーグレープフルーツ」登場】
【80年前の味が今よみがえる・三ツ矢クラシックサイダー PET500ml限定発売】
【三ツ矢サイダー×ミツカンリンゴ酢、不思議で刺激的な酸っぱいコラボ炭酸発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー