新たな和の境地・あんこパイがマクドナルドから限定発売

2014/09/29 16:16

あんこパイ日本マクドナルドは2014年9月29日、同社販売のサイドメニューの新レパートリーとして「あんこパイ」を同年10月1日から11月下旬までの期間限定で発売すると発表した。価格は124円(税込)。全営業時間中の発売(【発表リリース:これからの季節に嬉しい、あたたかなサイドメニューが新登場!甘さ控えめなあんこたっぷりのサクサクパイで、ほっと一息「あんこパイ」10月1日(水)から期間限定販売】)。

↑ あんこパイ
↑ あんこパイ

マクドナルドではメインメニューに合わせ、食べる量の調整やさまざまな味のバリエーションを楽しんでもらうべく、多様なサイドメニューを展開している。マックフライポテトやチキンマックナゲットがメジャーだが、プチパンケーキやサンデー、ソフトツイストなどのスイーツ系も用意されている。パイメニューもその一種で、定番商品の「ホットアップルパイ」の他、期間限定として毎年登場する「三角チョコパイ」などが知られている。今回登場する「あんこパイ」も、そのサイドメニュー中の「パイ」における新商品。

「あんこパイ」はサクサクとした歯ごたえを持つパイ生地の中に、あん(粒あん)がぎっしりと詰まったパイ。ひとくち口に頬張ると、その温かみと共にあずきの香りが口の中に広がる、寒いひとときには甘くて体にも優しいホットな味わいを有している。なお「最終加工国および主要原料原産国一覧」によると主要原材料(小豆)の原産国、最終加工国は中国と記載されている。

マクドナルドでは先日発売を終了した豆腐しんじょナゲット、現在発売中のマックシェイク紫いも、カフェ専門コーナーのみでの提供となる「抹茶ラテ」など、新規開発におけるメニューにおいて、和の風味や素材を用いたタイプが増えている。他のファストフードやコンビニのプライベートブランド同様、利用拡大が見込めるシニア層に向けたアピール、需要に応えた方向性と考えれば道理が通る。

パイは洋風、あんこは和風となれば、今件「あんこパイ」はいわば和洋折衷的なスタイルのサイドメニューとなる。温かなあんの味わいはたい焼きや今川焼などで見知っているが、それがパイ生地でいただけるとなると、どのような食感として口の中に広がるのだろうか。興味関心を覚える人は少なくあるまい。


■関連記事:
【豆腐しんじょナゲット(マクドナルド)試食】
【マクドナルドの豆腐しんじょナゲットはご飯にも合う】
【抹茶なシェイクがマクドナルドから登場、他にもマックフルーリーの抹茶オレオなども】
【和の香りただよう月見向けサイドメニュー「きのこリゾットボール」「マックフルーリー 抹茶オレオ」マクドナルドから登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー